« 薪割りの日々 | トップページ | なんか »

2004.02.21

MSP1000の日々

購入した時には後悔の念もあったMSP1000だが、すっかり馴染んでしまった。
今日は、HDDにたまった録画データを整理。削除したり、DVD-Rに書き出したり。

チャプターマークをつけると、ちゃんとそれがDVDビデオデータとして反映することが判明。
CM明けとか、次回予告とかの冒頭にマークを付けたり、番組タイトルを修正したり、ついつい時間を費やしてしまう。
DVD-RAMの時は、後でいつでもやれるからと放置したままだったが、DVD-Rだとそうはいかないので、ついつい丁寧にやってしまう。丁寧にやったところで、あまり真面目に見直さない気もするし、チャプターマークとかタイトルとか、さぼっても何も問題ない気がする。迷うところだ。

CMは、今はとりあえず、番組の前後は除き、後は残している。全部をやるのは面倒だという理由もあるし、GOT単位での編集しかできず、あまり正確じゃないから切りすぎてしまう不安もある。少々切りすぎたところで何も問題ないのだが(笑)。あと、ジャポニカ学習帳のCMは残したい気もする。毎回残す必要などないのだが(笑)。

それから、使用するDVDメディアの選択にも迷う。国産と安い台湾産。さてどっちにするか。
消えてしまっても、まぁいいや…と思うのを台湾製に…という方針だが、焼き上がったのを、他の環境で再生しても特に問題もなく、スピンドルだから、ケースがなくて邪魔にならないということで、ついつい台湾製の方を使ってしまう。
今は何も問題ないが、あとで泣きを見るのかどうなのか…。

書き込み時間は等倍のはずなのに、SPモード4番組(前後のCM除去)を一枚にまとめて40分もかからない。再エンコードしなければ結構早い。終了まで58分といつもでるのだが、必ず早く終わってしまう。外周が結構余るが、台湾製の外周は不安なので、このくらいがちょうどいいかも。

|

« 薪割りの日々 | トップページ | なんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/220786

この記事へのトラックバック一覧です: MSP1000の日々:

« 薪割りの日々 | トップページ | なんか »