« メイン機立ち上がらず | トップページ | 万博入場券 »

2004.03.08

PICKWICKのいれ方はつかんだ

最近よく飲んでる、オランダ紅茶のPICKWICKの、電気ポットでのいれ方は掴んだ。
水に含まれる酸素量が十分ないとうまくいかないので、最初が肝心。
沸騰直前、湯気がどわーって出てきた瞬間に、事前に暖めたカップに注ぎ、その後、ティーバッグを静かに入れる。
しばらくするとバッグが浮いてきて、再び沈んだら引き揚げると成功。
砂糖なくても結構いける。

その後の酸素が抜けてしまった湯では、再沸騰させようがイマイチ。
職場では沸き立ての時だけPICKWICKを飲んで、後はインスタントコーヒー(笑)。

一方、普通に茶葉を使う場合は電気ポットではまだコツがつかめない感じ。
お湯を入れるタイミングは同じだと思うんだけどなぁ。
理想とされるジャンピングなどちっともうまくいかない。前に飲んでたアッサムは葉がかなり大きめだったけど、今飲んでいるアップルティは細かめの茶葉だから、もう少し動いてくれてもよさそうなんだけどな。

適量の茶葉に湯を注いで、完全に開ききってから引き揚げ…という感じでやるよりも、お茶パックに多めに入れて注いで、出過ぎる前に引き揚げる方がなんかうまいかなという気もする。邪道かもしれないが。

|

« メイン機立ち上がらず | トップページ | 万博入場券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/277887

この記事へのトラックバック一覧です: PICKWICKのいれ方はつかんだ:

« メイン機立ち上がらず | トップページ | 万博入場券 »