« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004.06.30

美鳥の日々待避

美鳥の日々、最終話までDVD-Rに保存。これもまだ全然観てないや。しっかりした作画と話作りが出来てる感じだけどな。

天上天下もそろそろDVD-R一枚分に達するから保存の準備に、チャプターを付けながら、寺田はるひの声だけちょっと聴く。この作品は明らかに好みじゃないなぁ。そろそろ切るべきか。

それよりも、まだ、モンキーターンが観れてない。これが視聴最優先のはずなんだが…。これも最終回と出てたので、ああ、ついに終わったかと思ったら、翌週の電子番組表にモンキーターンVの文字が。続編あるのか(笑)。人気高くて延長ってことかな。確かに面白いし。

他にも新番組が続々始まる。全部切ってよさそうな作品だとありがたいけど、とりあえず、どれも、第1話だけは録画してみる。マリア様…も新番組なのかな。よくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまったこんな時間に

ミルモでポン、一つも見ないまま、とりあえず、9話分をDVD-Rに待避。いつ見る機会があるだろうか。
うっかり今日の一時間スペシャルをSPモードで録画してしまったので、DVD-Rに書く時、容量の関係で再エンコード。二時間もかかってしまった。その間に小説もどきでも書こう…なんてやってたら、もう午前一時だよ。寝なきゃ。

今書いてる小説、ちょうど某キャラクタの描写をしているんだけど、自分までその変人ぶりに引き込まれていきそうでやばい。
…というか、これはいくら眼鏡っ娘でも、あまりにも読者に受け入れられないキャラかもしれない。んー、あんまり変人にしすぎるのも考え物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.28

ハンター×ハンター 舞台化決定

加奈子天然300% - ニュースに、HxH舞台情報を追加。

三橋加奈子はキルア役で出演。今回は16公演もある。なにせ劇場が狭いからなぁ。
他には那須めぐみ出演が注目だな。

さて、いつ行こうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.27

小説もどき書きはあまり進まず

今日はもう少し小説書きを進めるつもりだったが、スランプに陥り、話のとっかかりの部分が思いつかず、進まず。
とりあえず、気晴らしに、自転車で近くのエイデンに行く。

妙に安かったので、ストックはあるのに、またまたDVD-Rメディアを買い込んでしまう。三菱不人気のせいで三菱メディア(台湾製)も下げてるの? なんか4倍速メディアなのに、台湾ブランドに肉薄する勢いの値段だったのでびっくりした(笑)。

で、その後、自転車に乗ってる最中に、話のとっかかりの部分をどうするか思いつく。やっぱ、外に出ると思いつくなぁ。
そんなわけで、家に帰ってさっそく書き始める。これでこのエピソードもなんとかなるだろ。

これでともかく、夏コミまでに書く予定だった分のメドはついた。ただ、全体的に粗っぽく、整理が悪いので、推敲をいっぱいしないといけない感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルクのDVDマルチドライブを買う

土曜日、実は迷ってたのだが、結局、某所でバルクのGSA-4082Bを買う。帰って、Xpマシン(Cubeケース機)にインストール。Xpの場合は何もせずにDVD-RAMドライブとして認識。こりゃ簡単だな。

でも、DVD-Rを焼くソフトがなかったので、ダウンロード販売でPower2Goを入手。
まぁ、使い方も解りやすいソフトで、オーサリングとかも含め、一通りのことはできる感じだけど、細かい部分の出来はどうだろ。

それはともかく、台湾製DVD-R(1-2x)を使って書き込みをやったら、コンペアでいきなり失敗。他のドライブでもやっぱりちゃんと再生できないし、この韓国製ドライブは、やっぱ、台湾製廉価メディアとかと相性悪いみたい。噂通りなので、あまり落胆もしないが。

で、三菱の台湾製を試したら、これは4倍でも全く問題なし。このドライブでのDVD-Rの書き込みは、かなりましな台湾製(多分、手元にあるのではRiDATA等倍とか三菱とかSONY)か、国産じゃないとダメな予感。ま、それでも特に問題なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーズ・デイブレイク、マシュマロ通信の感想を書く

間違いだらけの日々思ったこと(6/27)を書く。
セーラームーンも書くつもりで、一通り見終えたが、今日は力尽きた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

マリーベルのDVD届く

今日、マリーベルのDVD下巻が届く。映像特典はやっぱりフェニックスの鍵か。
ただ、この映画版って、マリーベルシリーズ全体から比べると地味な出来なんだよねぇ。

そして、下巻にはちゃんと設定資料集が付いてきた。キュートな設定画が満載。

とりあえず、さっそく、二話見てしまう。フェニックスの話(映画のベースになったもの)と、
マリーベルの絵本の話。うむ、この二つはいまいちかな。

やっぱシェルボー教授が登場してからの怒濤の展開あたりが凄いんだよなぁ。
ちょっとハード過ぎる内容だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.24

書いて忘れよう

どうにもならない思いは、小説でも書いて忘れようの日々が続く。

…ってことでまた土日、ほどほどにがんばろか。

まだまだ書きたい話が頭から浮かび続け、ネタが枯渇する気がしない。
とりあえずの大きな目標、120枚(42x34)までの大まかな構成はほぼ思いついてる状況。

大まかなことを考えた時は、細かい部分は全く思いついてないのに、超高架の城北線や、中央線や地下鉄や名鉄やバスに揺られたり、列車の窓からジェット機を眺めたり、コンクリートの階段を昇ったり降りたりしたり、窓の外の緑の木々を眺めたり、コンクリートの上に上機嫌で寝ころぶ猫を見たり(ほんと、猫ってコンクリの上が好きだよねぇ)、アゲハ蝶を見たり、小説を読んだりして、数日考えているうちに、気がつけば、その部分のヒントが思いついている。
で、そのネタで一日くらいかけるとそこそこ纏まってしまう。後は整理してできあがり。
どんどん進む。

面白いかどうかは別にして(苦笑)。

あと一話書けば、コミケまでのノルマにもう達してしまう状況なので(推敲や調整も大変だけど)、そろそろ小説書きの作業はやめて、CGアニメ制作の方に力入れないといけない気もする。
あっちは制作中にうんざりしてくる作業なので、更なる精神力が必要だ。やっぱそれはだめかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.22

どうにも出来ない事もある

所詮、ままなるのは自分の事のみ。そとのことには、全く打つ手なし。

あまりの自分の無力さに、「思われているよー」とか中嶋美智代の歌でも歌いたくなる今日このごろ。
本当は、私とは全く知り合いでもない某T氏にもの凄く憤ってるんだ。
全くの逆恨みなんだけど。

それはそんなに難しくて、呆れるくらい遠い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.21

台風

昨日といい今日といい、外で猫がうるさすぎる夜。

日曜日は、小説書きの方はあまり進まず。こないだ小屋を一部削る工事をした時に出た廃材を、風呂焚き用に、いくつか割る。少し腰にダメージ来たとこでやめる。まだ結構残ってるが、無理せず、こつこつやろう。

今日は、昼に放送で適宜帰ってくださいと言われたので、自宅が遠いこともあり、昼になる前にとっとと帰ってきた。

一度(いや、些細なのを入れるともっと多い)、ひどい目に遭うと、こういう時に、とっとと帰るのに全く躊躇がない(笑)。

途中、すごい風雨で、ずぶぬれ。傘も見事に壊れたし、風雨にあまりさらされない経路(例えば名古屋経由とか金山経由とか)で帰ってくるべきだったと反省。

結局、夕方にはすっかり風も止んだので、あわてて戻らなくてもよかったのだが、
今日、うっかり、雨戸を閉めずに仕事に行ってしまったが、今回は閉める必要があるほどの風雨だったので、戻ってきて正解だった。

しかも、ひどいだるさに襲われ、午後は何もできずに寝てた。気圧のせいだな、こういう時に、カフェイン飲料飲むと、かゆくなるし、台風が去れば、あっさり体調が回復するし、最近、実にわかりやすい体になってきた(苦笑)。

なんか、事前に防ぐ手はないのかな。副交感神経をどうこうすればなんとかなりそうな感じだが…。今度、酸素でも試してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.20

オーバーヒートぎみ

まもなく午前一時だけど、少々オーバーヒートぎみ。

昨夜はキャラの設定等の再整理。今日は寝坊したのでセーラームーンは観ずに、
ケロロ軍曹だけ観て、農薬まくのちょっと手伝って、あとは、書いて、書いて、また書いて。

三橋加奈子を忘れて…と一応書いたけど、ガンスリDVD買いに行って、第7話だけ見なおして、それから、
再び、書いて、書いて。

そういえば、廃材割るの忘れてたな。

で、夕方は、田楽マンの破壊力の圧倒されたまま、夜になると疲れきってしまい、
巨人戦、最後の部分だけ観てたが、東京ドームのひでー審判に頭来て、おまけに安藤はがんばったけど、結局、あんな結末で、がっかりしながら、そのまま、HxH Rの生放送を混信状況で聴いて、ふらふら。

それと、そろそろDVD-Rへ待避しないと埋まってくるので、とりあえず、攻殻機動隊だけやる。なんか時間とかの表示がどうも短すぎる気がする。切っていけない部分を切ってしまったかも。

そして、疲れてくると自分の書いたものにどんどん自信がなくなってくる。
田楽マン面白すぎ、よつばと、何回読んでも面白すぎ。それに比べて、僕の作品なんて…。

あー、こんなの書いてないでもう寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

小説書きに狂う日々

わあい、ようやく休みが来たー。
週末は、三橋加奈子の事も、アニメ感想書きも忘れて、ひたすら小説(もどき)書きに狂うぞー。
もう、誰にも止められないぞー。

ストーリーの方は、キャラも続々投入し、風呂敷も広げまくりで、もう収拾つかないぞー。
今のところ、当分話のネタに困ることはないけど、パスワード保護かけて、掲載していることもあって、リアクションが皆無だぞー。
芸風的にもあまり時流と合ってない気がするし。楽しんでいるのは自分だけ、って状態だぞー。

そのうち、気分的にも落ち込んでいくだろうから、楽しめるうちに楽しんでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

蹴りたい田中、第六大陸

蹴りたい田中は微妙だった。日頃SF小説とか読んでないから、結構おいてきぼり気味だし、それと、この小説の一つのネタが、私の考えたネタ(もう文章化済みで推敲中)と被ってて、まだそれはWebに載せてないから、この先掲載すると、まるでここから、パクった印象を与えて、ちょっとやな感じ。何の証拠もないし。

第六大陸、一巻目、途中だけど、こっちはすさまじく面白い。その緻密っぷりがすげー。日本人の書くSFってこんなに面白かったんか。ほんと、SF小説はずっと読んでなくて、しらんかったな。プラネテスもかなり近未来な面白さが良かった作品だったけど、これはさらにその前の話なんで、もっと近くて面白い。かなりプロジェクトXの影響を感じる。まさに今作られた小説だね。
それと、えらく愛知寄りだなと思ったら、岐阜の人だったのか。岐阜は自衛隊基地とか、宇宙ロケットの工場とか、核融合の研究所とか(他人事のように言うやつ)、いろいろインスパイアされるものが多いから、SF考えるのにはいい環境かもしれない。あの企業はやっぱ、名鉄がベース?

でも、「名鉄月へ行く」というとなんか「農協月へ行く」を連想してしまう(←ばか)。

妙タン(タン呼ぶな (c)わいえる)は、中国ロケットまでの話までの描写は、すさまじく良くて、その後、少々、浮き気味な感じ。まだ一巻途中なんでわからんけど。

私も、今、近い年齢のキャラが多い小説もどきを書いているから、他人事じゃないなという気もする。とても、比較できるレベルの作品じゃないけど。しかし、あっちは21世紀の話でかなりやりやすそうでうらやましい(取材が大変だろうけど)。リニアとか、導入が早すぎな気もするが。

私のは25世紀なので色んな意味でどうにも無理ありすぎ(当初は27世紀だったけど、結局、意味無いと思って、25世紀まで戻した)。
なんか、実際のところは、21~22世紀レベルの社会を描いてる感じ(かと言って設定的には21世紀にするわけにはいかない話だし)。ま、アメリカによってテクノロジーが封じられているということで(無理がある…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.15

BRC(BPO)は機能しているのか(テレビ朝日にBRCが勧告)

ちょっと前にもNHKのニュースで報じられていたのは観たけど、
ようやく、BPOの公式サイトに、テレビ朝日「TVタックル」の国会・不規則発言編集問題の詳細が掲載された。

実はこの件が気になって、こないだ、一応、いつもはあまり観ないTVタックルを観たんだけど、この件を、取り上げてたのかわからなかった。ハマコーが議論に常に割り込み、議員に落ち着いて議論をさせない非常に痛々しい番組だったので、最後まで観ていられなかった。他にも色々やりたいことあるし。
とにかく大きな扱いをしなかったのは確かな模様。

ところで、ネット発 声を挙げよう経由で知ったのだけど、ちょうどマス倫懇シンポというものがあったそうだ(東京新聞サイトの記事を参照)。

この記事を観る限りでは、今回、テレビ朝日にBRCが勧告をした件すら取り上げてないようで(東京新聞が記事にしなかった可能性もあるが)、そうだとしたら、まー、ほんと呆れかえる限り。

実は、テレビ朝日は、前にもBRCに勧告を受けてるけど、
この件も、ほとんど、誰も知らないでしょう。

今回のBRCの決定では、

何故にかかる事態を招来したかについてその原因を究明し、視聴者に説明する責任があり、かつ、今後このような誤りを繰り返さないための改善措置として必要な社内体制の整備をする必要がある。

などと書いてあるけど、この説明、テレビ朝日はいつする(いつした)んだろうかね。全然情報が得られないんですけど、誰か知ってたら教えてください。

そもそも、BPOってマスメディアにとって一体何ですか。こんなことで自浄能力があると言えますか。

ちょうど、今日、NHKニュースでダイオキシン報道問題の裁判でテレビ朝日が和解に応じた、なんて報道もありました。
いい機会です。小泉さんばかりつついてないで、本腰入れて取り上げませんか>テレビ朝日さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

バテたのでアニメ感想はお休み

昨日、疲れがあったのに歩いた上に深夜まで小説(もどき)書きにはまったせいで、今日はひどくバテた。
それでも、小説の続きちょっと書き進めたり、廃材を鉈で割ったり、アニメ見たり、DVD-Rに番組書き出したり、いろいろしたけど、もうアニメ感想を書く気力は残ってないので、それは先送り。
私が一日に文章を書ける量は有限な模様。小説書きにエネルギーを費やせば、感想書きの方のパワーまで使い切ってしまう感じ。

そういえば、ダンドー、まだ観てないな。
デカレンジャーは今回も結構贅沢だったし、合成を思い切って使ってびっくりしたなもー。あれは怪奇メタローを観て思いついた企画でしょうか(違うと思う)。
プリキュアはちょっとシリーズ的な面白さが出てきた感じ。次回に注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また小説もどき書きにはまる

そういえば、昨日は、自分の執筆活動の参考にするために、書店で、SF小説を少し物色した。昔は少しは読んだ気もするが、最近の傾向とかは、全然知らないので、Tsupo氏によさげな本を紹介してもらう。

で、結局、「第六大陸」のIとII、それから、「蹴りたい田中」を買う。

「蹴りたい田中」は少し読みはじめているけど、なんか全然参考にならない予感(選ぶものを絶対間違えた気が…)。ギャグも微妙なので、時々ちょっと面白いなと思う程度か。まだわからんけど。

「第六大陸」はかなりハードっぽい感じ。
芸風は参考にならない気はするが、宇宙ネタは少しは知識が欲しいと思ってたので少々参考になるかも。

そんな小説は通勤の時にでも読めるのでほっといて、また小説もどきの続きを書き始める。うひゃ、止まらない。シリアス展開になったから、いき詰まると思ったが、まだまだ書いてて面白いぞ。
で、気づいたらもう午前2時じゃないか。いい加減ほどほどにしないと…。

ところで、私が今書いてるのは、基本設定から、天体運動的にかなり無理ありまくりで(だからまだその部分に恐くて踏みいってないし)、デタラメっぽいSFもどきな話。かと言ってファンタジーでもない気もするし、あまりギャグでもなく、バトルもろくにないずいぶん中途半端な芸風。

いったいどこの領域に入るんだろ。ライトノベルの類とは思うけど。
近い領域の作品の芸風を少しは参考にしたいと思っているのだけど、それが何か全く解らない。

普通誰某の作風に影響を受けて書くというものだと思うけど、まー、一応、筒井康隆あたりの影響はあるんだろうけど、基本的に私はアニメばっかり観て、小説とかはほとんど読まない人なんで、活字での影響源が決定的に不足している。

自分の作風が決定的に間違っている(つまり人に全く受け入れられない)気がするので、ちょっと近い方向性のを探したいのだが。

わいえる氏にでも紹介してもらおうか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

昨日は名古屋駅周辺

昨日は某Tsupo氏と名古屋駅周辺を歩く。
開店したばかりのドスパラを覗きにいくのが第一目的。

パソコンケースとか物色したけど、ちょっといまいちかな。もう少し、小さいのだといいかな…って感じ。
DVDメディアも特に目立って安いわけでもなかった。

ただ、店は狭いけど、もしここでパソコン関連の商品を買えば、上前津よりも、運搬とか楽そうだな。
それは別にソフマップ名古屋駅店でもいいわけだけど。

ついでに、ビックカメラにも行ったが、ここはDVDメディアとか高すぎ。ソフマップが出来たばかりの頃は、一部商品だけ、ソフマップ価格と勝負しようとしてたけど、もう完全に諦めた模様。

なので、ソフマップも図に乗って、今日など、マクセル標準速DVD-Rを999円などとわりと強気の構え。

うーん、もっと名古屋駅の店同志で競争してくれる展開に期待してたけど、ここがメディア価格を支配する形になって、当分はつまらない感じ。今日はコンプマートは見に行かなかったのでわからないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測気球: GUNSLINGER GIRL Vol.3

観測気球: GUNSLINGER GIRL Vol.3

そうですか。今度はリコちゃんもゲームに出ますか。

でもね、実際にTsupo氏に話したことなので、実は今更わざわざトラックバックする必要もないですけど、DVDを買うのは既に決定事項であり、どうするか迷っていたのはPS2を買うかどうかという事だけです。これでほぼ決定かなぁ。

ちなみに、三橋加奈子が出たゲームの為だけにドリームキャストを買ったのは本当の話。ドリキャスのゲームはカニパンしか持ってないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.11

外伝ビデオ感想終わる

外伝ビデオ16の感想を書き終わる。
なんだか、入選作品よりも長々と書いてしまった気がする。
いろいろ考えることが多かったけど、好きかどうかという意味では別問題。

私はやっぱり、何か新しくて、何かはっきりしているという感覚があって、そして、伝えようとしているものが、解りやすいもの、そんなのが好きなんだろうな。

だからこそ、辞書ブームで新明解国語辞典自体が有名になろうが、DoGA関連では新海さんが有名になろうが、新明解という名前を未だ捨てられないんだと思う。

で、感想書き上がったら、どっと疲れが押し寄せ、アイスクリームが食べたくなった。
体には良くないと思いつつも買って食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.10

外伝感想、もうすぐ

DoGA外伝感想、もうすぐ出来そう。ようやくこれで他のアニメの感想とか書ける。
(…ってゆーかコミケ向けに作品作らなきゃ)

それにしても、長い道のりだった。私が書いた感想って一体なんなのだろう。
私はなぜ、こんな事を書いているのだろう。もしかして、作品の感想書きをする事によって、私に何かを見つけさせようとしているのではないか。そんな妄想に囚われる。

ところで、話は変わるが、アクアキッズのリオちゃんのすさまじい可愛さにすっかりメロメロ。
キャラにこんなに恋してしまう感覚を覚えたのは久しぶりかも。
なんちゅうかわいい娘だ。

ところが、アクアキッズ、DoGAのコンテストのレセプションでいろいろ聞いたけど観ている人がほとんどいない。なんか放送エリアの問題が大きいようで…。なんか、テレビ東京系を観れない人が、大作作っている傾向があるんで、もしかして、DoGAのコンテストに大作を応募するには、テレビ東京系が観れない地域に住むことが必須条件なのかもしれない(でたらめ書くなよ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外伝ビデオの感想に苦戦

DoGAコンテスト、外伝ビデオの感想って難しい。抽象的なものも少なくないから、
全体的に、なんか小難しい話になってくる。

しかも、他の人は外伝ビデオの感想はあまり書かないから、どう書いて良いか、見本がないと来てる。

ようやく、残り、あと7つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.09

内容のない日記

7日の体調不良は翌日午前2時には回復した。
なぜそう言えるかといえば、その時間に目が覚めたから。
あー、直っとるーと実感できるくらいの回復ぶり。ちょうど美鳥の日々の時間だったので久々に観て、
かー、主人公がもてまくりでむかつくー、とか思って寝たら、朝にはまた体調不良が復活。
こりゃ、仕事行ったらまずいかなーと思いつつも、行くと、この日は昼にはかなり回復。

要するに気圧か。寝てる間に急激に下がると特に悲惨で、副交感神経がなんたらで、交感神経がかんたらで、なんとかするにはカフェインがいいみたいで、でもそれやると、ヒスタミンが出てきて少し痛がゆくなってしまうのがタマにきずで…。

よくわからんがそんな感じな気がする。

8日は、帰宅して、ケロロ軍曹とかスパイダーマン(一回も観てないや)とかDVD-Rに書き出してたら、くたびれたのでとっとと寝る。

で、今日はそこそこ不調。ま、こんくらいならなんとかなるな。
ってことで、今日はとりあえずNARUTOだけ観て、DANDOH!!をDVD-Rに書き出しているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.07

また体調不良

先週に引き続き、体調不良再発。天候の影響らしい。結局今年もこの季節はダメなのか。
明日には回復するかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

外伝ビデオ感想書き中

昨日、あまりに小説書きにはまりすぎた事と、天気が悪いことがあり疲れがひどかったので、
今日は頭を休めながら、アニメとか特撮とか観たりする。
デカレンジャーがすさまじかったな。早く、感想書きたかったが、疲れのせいや雑用もあって、まだ書いてない。

夕方から、ようやくDoGAコンテスト外伝ビデオの感想書きを再開する。
外伝ビデオの感想は本当に難しい。どう言葉にしたらいいかわからない事が多い。
それと、感じた問題点をどう表現するかに非常に神経を使う。あまりきつい書き方をするのも問題あると思うし、間違っている可能性も高いので、あまり断定的に書けないが、その加減が難しい。
本当に思っていることをどこまで書くべきかについても、色々と悩む。

結局、今日は終わらなかった。早く片づけないと次の事が出来ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

今日は小説三昧の危ない日

今日は雑用と土曜のアニメチェック以外は、結局、某小説もどきの執筆に専念って感じだった。
朝、書き始めたら夢中になってしまい、止まらなくなってしまった。
DoGAの外伝の感想、今日こそ書くつもりだったのに…。

でも、なんだか今日は楽しかった。
書いているうちに、この物語はこの先一体どうなるのか、わくわくして仕方がない。
しかも、話の流れを決めるのは、未来の自分であることに驚いている。
先の展開は一応決めているけど、きっと変わるんだろうな。

もう一部のキャラは、私の作り込みの段階を離れて、勝手に動きだしている感じ。
書きながら、時々「○○のそのセリフは違う」と感じる自分がいる。いや、それどころか、物語を進めていると、キャラが勝手に喋りはじめる。自分が考えたとは思えないセリフが自然に出てくる時もある。

そして、気になるのは、森川ゆみちの事。彼女が関わる物語にいつまで経っても入れないけど、この物語のちょうど同じ頃、ゆみちは何を考えているのかなーとか思いながら、キーボードを叩いている。
このよくわからない女の子の話が早く書きたくてたまらない。でも、まだもうちょっと、登場までには手順が必要で、じれったい。

一方、問題なのはベリコム。すでに物語に登場してきているのに、言葉も放っているのに、まだ、それが何なのか、書いている自分自身が解らない。書きながら、それは違う、きっと違うと思う自分がいる。

いよいよ新明解…、やばくなってきたな(自分で言うなよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

キャレット

その昔、メディアの妖精「キャレット」とか、そんなキャラを漠然と思いついた。
キャラの名前のキャレット"caret"の由来は、パソコンに文章とかを入力している時、視線の先で点滅しているアレだ。

でも、そのキャレットという妖精が何なのかどうも具現化できなかった。色々考えてみても、イメージを思い浮かべても、想像したものは、どれも嘘だ、それは私が考えたキャレットではないと感じた。
メディアの妖精ってなんなのか。言葉を思いついたのは自分なのにそれが何か解らない。
でも、何か答があるような気がしていた。

結局、キャラの名前だけを使った少女キャレットを作った。

そして作品を作ってから、10年の年月を過ぎた今、ようやくそれが何だったのか解った。
正確には思いついたというべきなのだけど…。

「なんだキャレットって、そういうやつだったのか…。何で今まで気が付かなかったんだろう」

それは、むしろ、そういう感覚だった。

今は失われた某の小説もどきを書いていて、そのキャレットには魂を入れる余裕はない。
でも、失われた某は形にすると決意しているけど、なんか失敗する気がする。

その時になったら、キャレットを書いてみようか。そんなことを今日思った。
その気持ちを忘れないために、ここに書き留めることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想を久々に

昨日、間違いだらけの日々思った事にやけくそアニメ総括を書いた。

推敲がいつも以上にいい加減。

モンキーターンを1話消化。まだ、あと1話残る。青島と洞口急接近の話。恋の話はちと辛いね。
私は恋の話なんて書けるかいなぁ。

そういえば、洞口のセリフで、私も全く同じだったなと思うことがあったな。
でも、自分がそうである場合って、そういう話なんて書けるのかなぁ。

そんな事をちょっと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

女児殺害事件報道に思う

こういうネタは、今までは、間違いだらけの日々思ったことに書いてたけど、こちらの方が拾われやすい気がするので、これからはこちらにも書くことにします。

とにかく、私が言いたいのはマスメディアが騒ぎ過ぎな事。
特異な事件だから、大きく扱っているだけで、一件発生したこの事件で、これほど大袈裟に騒ぐ必要があるだろうか。

NHKですら、専門家の声として、インターネットの持つ特有性がもたらした問題などと、もっともらしいコメントを報じているけど、インターネットが普及しているこの世の中。殺人のきっかけがそんなことも時にはあるでしょうに。

まるで日本の子供達がこうなっていくような恐怖感を与える報道こそ厳に慎むべき。以前に同じ長崎で事件が起きたことと重ね合わせるのも大いに問題。

それより、今の日本の年間自殺件数をみなさんは知っているだろうか?
今や何と三万人を越えるそうである。ニュースバリューのある一人の特異な死の報道に、膨大な時間や人をつぎ込むより、地味な弱い人間達の死について、もっと注目すべきではないだろうか。

こないだNHK教育で放送されていた(今日、ちょうど午後から再放送がある模様)「福祉ネットワーク」で東尋坊で自殺の防止に取り組む人達の様子が紹介されていた。ここには、日によっては未遂も含め、3人とか4人とかの人が自殺しようと訪れるそうだ。この事こそ、まさに異常だ。

今回の過熱報道で、非難や注目が集中するであろう誰かを自殺に追い込むおつもりか?
そして、特異な事件の報道ばかりに時間を費やし、一方で、他国にくらべても十分に多数の自殺者を生む社会をこのまま見過ごしていていいのであろうか。マスメディアのみなさま。

ニュースバリューがある一つの事件をメディアがセンセーショナルに報道し、専門家がわかったようなコメントを付ける。これは誰の意志とも関係なく自動的に起動するシステムみたいなものだ。

こんなところに書いても無駄だと解っているが、このシステムを直していかなければならないと思う人は、マスメディアの側にはいないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.02

体調はかなり回復

体調、朝はまだまだ悪かったが、昼にはかなり回復。でも、夕方再びそこそこ疲れる。
まだ調子に乗ったらいけない気もするが、とりあえず、いろいろと片づけていくかな。

そういえば、月曜から何もアニメとか観てないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某体験版をインストールしてみる

うーん、ポリゴン多い場合には、遊ぶことがちっともできないなぁ。
Webでチュートリアルを見ても、こんなやり方で作るのって何か間違いだろって感じがする。

日本語メニューにも違和感ありまくり。むしろ用語がわかんねー(笑)。
でも、基本的な画面の使い方はあっさりわかった。なるほど、便利だな。
違和感はあるけど、これは慣れればどうってこともないかも。

しっかし、本質的な雰囲気は昔から変わってないんだねぇ。
もう少しWindowsスタイルに迎合しているかと思ってたよ。

でも、ま、それはともかく、約82,000円かぁ。
うーん、そりゃ高いけど、魔が差すかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.01

コミケ当選

またも体調不良に陥る。昨夜の某パーティの手伝いが原因らしい。
DoGA上映会の時も結構大変だったのに、あの時の不調はそれほどでもなかった。
(DoGAの時は、まぁ、若いもんに任せて結構休んでたからなぁ)
しかし、今回はかなり深刻な感じ。今日は仕事に行くべきじゃなかったな。
仕方なく今日はこれ書く以外すべてお休み。明日は回復するかなぁ。

コミケは珍しく冬に続き連続で受かった模様。追ってスペース等告知する予定。
今回もオリジナル3DCG関連と某小説もどきの続きのみに絞り、基本的には
テレビアニメネタ関連はやらない予定だが、ズッコケ三人組とマシュマロ通信関連で、
小さな冊子くらいは出してもいいかも(Web向けに書いた感想等をまとめる程度かな)。
CD-ROM版用にキーワードを入れて、ファンの人にでも拾ってもらおうか。

3DCGの方は、本編制作を優先したいので、前回のような新規でのネタ作りはせず、
制作中本編からの映像抜粋を出すというむちゃくちゃな事になりそう。
ネタばれがいやな人は買ってはいけない(おい)。

小説もどきの方は書き進んでいるうちに、矛盾がいろいろ出てきたから、一巻を改訂し、
加えて二巻を出す予定(現状で30%ぐらい進んでるんで、こちらはなんとかなるでしょう)。
一巻を買ったよという人には、改訂版は無料配布(ほとんどいない)。
でも、実は、これは夏コミに出すという具体的目標でもないと、
なかなかやる気が出ないからやってるだけで、実はたいして売る気はなかったりする。

結局、どれも売る気がないじゃん(笑)。

しかしこれほど頻繁に体調不良を起こしている状況で、一体何がどれだけやれるやら。

…ってことで寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »