« アニメ感想を久々に | トップページ | 今日は小説三昧の危ない日 »

2004.06.04

キャレット

その昔、メディアの妖精「キャレット」とか、そんなキャラを漠然と思いついた。
キャラの名前のキャレット"caret"の由来は、パソコンに文章とかを入力している時、視線の先で点滅しているアレだ。

でも、そのキャレットという妖精が何なのかどうも具現化できなかった。色々考えてみても、イメージを思い浮かべても、想像したものは、どれも嘘だ、それは私が考えたキャレットではないと感じた。
メディアの妖精ってなんなのか。言葉を思いついたのは自分なのにそれが何か解らない。
でも、何か答があるような気がしていた。

結局、キャラの名前だけを使った少女キャレットを作った。

そして作品を作ってから、10年の年月を過ぎた今、ようやくそれが何だったのか解った。
正確には思いついたというべきなのだけど…。

「なんだキャレットって、そういうやつだったのか…。何で今まで気が付かなかったんだろう」

それは、むしろ、そういう感覚だった。

今は失われた某の小説もどきを書いていて、そのキャレットには魂を入れる余裕はない。
でも、失われた某は形にすると決意しているけど、なんか失敗する気がする。

その時になったら、キャレットを書いてみようか。そんなことを今日思った。
その気持ちを忘れないために、ここに書き留めることにした。

|

« アニメ感想を久々に | トップページ | 今日は小説三昧の危ない日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/712125

この記事へのトラックバック一覧です: キャレット:

« アニメ感想を久々に | トップページ | 今日は小説三昧の危ない日 »