« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.30

同人誌作成が、進まない

ズッコケ三人組の同人誌、あまり順調に進まない。なんか文章とかあんまり面白くならなくて…。

だからと言って、時間は流れていくので、小説もどきの推敲作業に時間を費やす。

そういえば、最近、小説読みまくりの状態だな。「蹴りたい田中」と「第六大陸」はここにも書いたけど、それから「幼年期の終り」を読んだ。そして、電撃文庫関連では、「ブギーポップは笑わない」をずいぶん前に読んだけど、続いて「キノの旅」と「リングテイル~勝ち戦の君~」を読み、明日からは「塩の街」。

どれも言葉が豊かだなあ。電撃はライトノベル系などと言われるわりに、結構難しい言葉を使う。

さらにズッコケ三人組の原作本を五冊ほど読んだ。こっちは平易な言葉ながら、やっぱ表現力は豊かだなあ。

自信なくなるばかりで参考にならない気も。

ちなみにこんなに忙しい筈なのに、映画「スチームボーイ」と「シュレック2」も観た。
今観ないと、コミケ終わった後には公開終わっちゃってるかもしれないし…。
スチームボーイは、映像的には面白い描写もあったけど、全体としてはなんかあっさりしていた。キャラ描写が薄い気がする。

一方、シュレック2はシュレックより面白かった。前作の続き話なのだが、前作よりも今回の作品の方が「彼らがやりたかった事」であるような気がした。最初っから構想があったのだろうか。
CG技術も申し分ないレベルだし、使い方がとても正しいと感じる。
そして、DreamWorksは、描いているもの物語自体が新しい…と感じた。新しい童話なのだ。Pixar作品にも同じことが言える。

スチームボーイの方はなんか古いというか…、薄いというか…、既視感がある描写が目立つというか…。技術が高いことと新しいことは違う。

ただ、アメリカ映画はfromアメリカだからこその作品であり、それが素晴らしい出来なんだけど、日本人の私が作りたい方向性というわけではない。きっと、私の作りたい方向性のものはまだ無いんだ。

よく考えてみれば、CG技術を主体とした日本映画の中で、これは素晴らしい! と思うものにすら未だ出会えてない気がするんだよな。
アニメでは「クレヨンしんちゃん」とかは毎回凄いのだが(こないだのもなかなか面白い作品だった)。

さて、いつかその日は来るのか、それとも来ないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

Excelとファイルメーカー

今日はExcelでちょっとした失敗。シートとグラフが多すぎて複雑すぎるんだよぉ。
自分の処理能力のキャパシティ越えてしまってる。

元々、自分で作ったものは、自分の脳みそで処理しきれるように、ある程度整理したシート構成にするから、後で修正するのも結構楽なんだけど、他人の作ったものをベースに修正すると、あっちは頭がいいもんだから、かなり複雑な仕掛けになってたりして、時々、すごい苦労する。しかも、タグの名前もデフォールトのまま(sheet1とかgraph1とか)、変えないで作ってあるだけど、それでちゃんと混乱しないのかね。

Excelも、ちょっとだけかゆいところに手が届かないって感じがあるし(そもそも、実験データの数値プロットなんかには全然使えないんだけど。それはさておき。笑)。

あとはファイルメーカーの方で、いろいろやりやすいようにフォームの整理。さぼるために、結構こみ入った計算式とか使いまくって楽になった。
今日いじってるうちに、ファイルメーカーがだいぶ解った感じ。
確かにかなり小回りの利くソフトだけど、時々違和感のある操作性。
フォームの修正をした時に、テキストインポートで読み込む順序が崩れたりするのも難あり。
終了する時自動セーブというのもちょっと慣れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアキッズとか観る

連日、体調不良ぎみ。
昨日は、MSP1000で録画したクレしんとボーボボをDVD-Rに書く作業で何度も失敗。
結局、3枚もダメにしてしまった。原因はMSP1000のバグと思われる。
ちょっと調子に乗って丁寧にCMカットしすぎたか。
色々問題の多いMSP1000には、無理は禁物だな。チャプターを減らして、CMカットも番組の前後のみにして、今日再挑戦中。
今更バグフィックスしてくれそうにないだろうなあ。

で、なんか同人誌執筆とか、小説の推敲とかしているうちにテンションも下がり気味。
アニメとかあんまり観てなかったのでアクアキッズをまとめて観る。安定した面白さだけど、新キャラ投入するも、シリーズ的な盛り上がりに欠けるという感じか。

それにしても同人誌間に合うのかなあ。いつも一応出せてたけど、なんか今度こそダメな気がしてきた。特にマシュマロ通信の同人誌の方はまだ着手もしてないし。

コミケのCDで検索したら、マシュマロはいくつかあったけど、ズッコケはうちだけか。やば…。

それと、間違いだらけの日々思ったことがちっとも更新されてないんだよな。もう忘れ去られてしまう予感。
でも、感想を書く体制に戻ったら、そのうち復帰するので、かんべんして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.25

ズッコケ三人組同人誌執筆開始

夏コミ合わせの小説の方、物語はとっくにノルマまで書き上げたけど、推敲はまだ完璧でない。いくらでも直すべきところが出てきてきりがない。
これは通勤時などを使ってもできるから、今は他のことを優先するべきだな。

…ということで、夏コミに出すズッコケ三人組の小冊子の方にようやく取りかかる。マシュマロ通信についても出す予定だけど果たしてできるかいな。tsupo氏にはまた「いやーん」(3DCG作品)はどうしたのと言われそう。
そんなの、もう知りませんがな(もう夏コミに何か出すのは、諦めているかもしれない)。

で、文章だけはすでに土曜だけで、6ページ分書き進めたし、日曜までに、かなりのところまで書き進められる予感。

やっぱ、オリジナル小説執筆と違い、作品解説本は楽な面が多いな。ただ、イラストも描くので、全体で一週間もあればできるかな…って感じか。ネタはいくらでもあるけど、少々絞り込まないと分量的にきつくなる。

で、執筆に熱中してたら、ハンター×ハンターRを聴くのすっかり忘れてた。すまん加奈子(←呼び捨てにする間柄ではない)。あれもこれもやるってのは難しいな。

大体、仕事もそろそろ忙しくなってきているし…(アニメばっか観て、声優の応援ばかりして、他には、何もしてないと思ってる人いるでしょ。実はそうなんです←おい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

凄かったな今週のエステル

今日のマーズ・デイブレークと、今日と先週のサヴァイヴ、凄かったなー。

あれは、俺に感想書けと挑発してるんかいな。

でも、夢を奪うようで申し訳ないけど、多分、下着かタオル巻いてたか
わからんけど、何かあったと思いますよ。そもそも、下着には
位置判定素子があるとは考えにくい。

あ、まだ、アクアキッズが観れてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

その言葉

その言葉は99%、自分自身に向けられたものでないと、客観的な自分は解っている。
しかし、そのタイミングと、若干のキーワードの一致から、1%はもしかしてと思う楽観的な自分がいて、
その気持ちが自分の中に長々と居座る事に対する漠然とした不愉快さが今日は少々辛かった。

経験的には、一度たりとも例外はなかった。
楽観的な思考に自分が費やす時間は、客観的なそれよりもはるかに長いけれど、客観的自分が短い思考時間で出す冷徹な憶測に、楽観的自分が物語的思考の末に生み出した妄想が勝利したことなど一度もなかった気がする。

「気がする」などという末尾は不要なのだが、それはやはり付け足さずにはいられない。

…などと嘆くのは明らかに前向きな日記ではなく、「ままなってる日々」というタイトルにも反するのだが、この先の何かの創作に、この今の気持ちが役立つかもしれないと思い、残すことにした。

そういう意味ではきっと前向きなのだろう。
この問題は、こうやって文章にしてみると、結構、克服できるものなのかもしれないという気もしてきたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

妹の娘が来る

妹とその娘(2歳)が来た。2歳なのにかなり言葉が話せてすごい。記憶力もいいし。
そして、元気に走り回ってた。

関西なまりで、「おっちゃん」と呼ばれるのもなかなかいい感じ。眼とかぱっちりしていて可愛いけど、ちと顔が大きめなのが問題かも。

で、昼は妹の運転で墓参り。私の道不案内でかなり迷うが、妹はのんびり屋というか、人格者なんでそんなバカ兄にも怒ったりしない。有り難いことだ。ちなみに上の妹もそんなことじゃ怒りません。

妹には恵まれているバカ兄でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

津田沼には行けなくなる

金曜に急遽月曜の予定が入って、日曜もやることがあるので、やっぱり津田沼に行けず。

そもそも、7/8に津田沼行きたいとか書いた2日後に、ちょっとしたトラブルあったりして、ちょっと遠出するのはまずいかなと思ってたんだよなー。

二週間前ぐらいに、三橋加奈子関係で、行くかどうか迷うときは、その直前に何か問題とか用事が発生してほとんど行けなくなっている気がする。

交通費が高すぎるから、かなり迷ってたんで、ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

ウェブサイトを燃え尽きることなく続けるコツは?(スラドJ)

ウェブサイトを燃え尽きることなく続けるコツは?

久々にslashdotにこんなことを書いてみた。
我ながらずいぶん具体的に書いちゃってるかも。
ま、どうせリンクを辿って、実際にメッセージボードを覗きに来る人はほとんどいないでしょう。

ところで、話は変わるけど、blogなんか使わず、2ちゃんねるのような匿名掲示板に、適度なペースで書くのが一番とかいう主旨の意見もあって、それはなかなか鋭いとは思うんだけど、なんかそれは、ネットワークという生命体に人間が操られている状態に近づいている気がするんだよな。

もっと踏み込んで言うと、情報量の著しく少ない匿名発言って、もはや人間という主体性のある個が書いたものですらないと思えてくるんだ。
実際問題、ネットワーク生命体が人間を使って書いたと仮定しても、表面的には何も差がないわけで。

新しい生命体はもうそこに居るんだよ。きっと。まだ、みんなが気づいていないだけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

Mac復旧作業

先週あたりから、職場の上司のMacのMS Officeの動作が異常に遅くなるトラブル発生していたが、
ちょっとずつ色々試してみたが、一向に解決しないので、ハードウェアトラブルを疑いつつも、
今日システムの抜本的対策に着手。

まず、まっさらな外付ディスクにOS9.2システムを導入し、起動。
これで、MS Officeを動作させてみると、極めて快適なことを確認。
この時点でハードウェアトラブルであることは否定された。

そこで、このシステムディスクの内容を、内蔵ドライブのものと入れ替えて
(内蔵ドライブのシステムファイルは念のためバックアップ)、
最低限、必要な機能拡張やら、コントロールパネルやら、初期設定だけをそこにコピー。

で、今度は内蔵ディスクで立ち上げると、今度はOfficeの動作に問題が全く発生しなくなった。
良かった良かった。これだけ達成感のあるトラブル対処は久しぶりかも。
まだ、必要なものを入れてない可能性もあるが、利用の様子をみながら、後でいれればいいということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁断機購入

日曜日、名古屋駅のタワーズの東急ハンズへ行ってきて、裁断機を購入。
A3をA4に裁断できるサイズのものだが、A4をA5に裁断するのが主目的。
まっすぐカットするだけのものなら、もう少し安いものもあったが、付属のスケールが頼りなさそうで、正確に垂直に切るのが怪しそうだったので、紙がしっかり固定できるものを選ぶ。但し、よくオフィスで見かける事務用の立派な危なげな刃のついた大掛かりなものではなく、回転刃方式。同時に切れる枚数は10枚以下と少ないが、切る作業自体はかなり安全。

事前に探していたモデルが見つかったが、東急ハンズということもあり安くなかった。…かと言って、近所のホームセンターでは、見かけなかったし、仕方ないか。安いの探して、交通費費やしてもあまり意味がないし。

で、さっそく切って見る。A4をA5に切るということはあまり想定されていないようで、専用の目印はついてなかったが、ゲージはついているので、それで正確に位置合わせると、少なくとも0.5ミリ以下の精度が出せることは確認できた。それと、職場の立派な裁断機よりもずっと扱いやすい。

そういえば、以前、東急ハンズ(あれはセントラルパークの方だったかな)でA3をA4に切ってもらったことがあるが、重ねると1ミリ以上もずれてて(つまり切る位置が0.5ミリぐらいずれてた)苦笑した。店員の裁断は結構あてにならない。

で、どうしてこんなことをするかといえば、同人誌のコピー誌作成(コスト高めで品質も悪いコンビニ等のコピー機は使わず、直接プリンタで印刷)のため。
今まではA4を二つ折りにして綴じていたけど、紙折も面倒だし、分厚くなりすぎるので、今回からは、両面印刷にすることにしたのだ。

プリンタ(HP Deskjet 880c)が結構古い機種なので、当然、両面印刷に対応していないので、一太郎の奇数、偶数印刷機能を使う必要があり、結構面倒なのと、下部に印刷のできない部分が結構広くあるので、レイアウト的にちょっと下が開きすぎる感じになるのも残念(ノンブルがある分、余計に広さが必要)。上部はどうせ広く開いているので、逆さに印刷できる機能があるといいんだけどなぁ。さすがの一太郎もそこまで気が利いた機能はない模様。

プリンタ自体、古いのでもう買い換えてもいいくらいだが(打ち出した枚数も、個人での使用にしては、尋常な量じゃないのでとっくに元がとれてるし)、HPのようにヘッド一体型のインクカートリッジの場合は、全然、印刷品質が悪くならないので(給紙精度は少しずつ怪しくなっているが)、なかなか買い換えに迷う。

今使っている紙は、安いくせに、HPのプリンタと給紙や印刷の相性がやたらいいので(インクジェット用と銘打ってるものでも、確かに印刷はそこそこ良くても、給紙の相性がやたら悪いものがある)、まだ推敲の甘い原稿で、試しに印刷してみたら、50ページほどが給紙トラブルもなく、順調に両面印刷できた。
気にしていた裏写りも特に問題ないことがわかったし、これで無事に制作できそうな予感。

ここまでやると製本テープも使いたい気分になるが、あれは高いのでやめ(笑)。紙は表紙だけ色変えしてみるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.08

うわー、津田沼行きたい

我が愛しの三橋加奈子が津田沼でイベントの司会ですよ。うわー、見に行きたい。
今年の夏は、旅費予算が完全にオーバー状態だけど行こうかなぁ。

詳しくはサンミュージックGETホームページを参照。

それから、今日、信州で、レジャーガイド番組の収録だったそうで。温泉にも行った模様。うわあ、番組観たいなあ。

実は、某小説もどき書きで、ちょうど、今日、上諏訪を舞台にしたエピソードを書きあげたのは全く奇遇な話。
でも、400年後、大震災が起きて、諏訪湖が消失などというとんでもない設定なのは、内緒ということで(ここに書いたら、全然内緒になっとらん)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

眠い……

日曜日、横浜で拙作の上映会があったが、夏に膨大に発生するであろう旅費のことを考えて今回は行かなかった。
観た人は、ほんと、へっぽこ作品で申し訳ない。

…かと言って、今は小説もどきの執筆に熱中してしまっているので、CGアニメ制作の方に手が回らない。小説もどきは、夏コミ発表分までの分量は書き上げてて、あとは推敲と印刷作業だけなので、そこからようやくCGアニメの方にも着手する予定(小説も我慢できず書き進めてしまう気もするが)。モデリングはだいぶ出来てるけど、でも、まあ、たかが一ヶ月で出来ることは知れているような気もする。なので、今回も大したものは出せません。
ごめんなさい。

あれもこれもやってるとどれも出来ないとも思うけど、あれもこれもやろうと決めたので仕方ない。

昨日の夜は、恐らく長く炎天下にいたための頭痛のせいで、なかなか眠れず、日曜朝は8時30分起きになってしまった。朝には頭痛はすっかり回復していたが、アニメの視聴とか、小説の推敲とか、いろいろやっているうちにあっという間に時間が経ち、夜10時頃にひどい眠気が押し寄せ、頭が働かなくなり、朝までにやるべきだった事がなかなか進まない。でも、なんとか眠さをふっきって、それを済ませて寝る。

今日は、DVD-Rの書き出しと、推敲作業の続きなどで、一日終了。アニメも観れなかった。
なんだか、結構、ハードスケジュールの毎日のような気がしてきた。

今晩のアニメ、Dearsとか予約入れたけど、サイトで確認したら、美少女ラブコメディ系かな。
なんだか、こんなの観てる暇は全くない気がする。

とにかくもう寝よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.04

昨日一日、己の事を語る

金曜日、自転車置き場に行ったら、タイヤがパンクしてたので歩いて家までひいて、
土曜日、洗濯して、ケロロを観た後、馴染みの自転車屋に行ったら、珍しく休みで、仕方ないから、炎天下の中、庄内緑地の自転車屋まで自転車ひいて、見てもらったら、チューブが完全にダメになってて、交換で、ついでに壊れてたサドルも交換で、かなりの出費。

家に帰った後は、夏コミに出す、小説もどき第1巻(改訂版)の推敲作業。
後の事も考え、段落の作り方を変えたり(前はインデント使ってたけど、ばかばかしいやり方だということに気がついて、全角スペースに変える)、…を……にしたり、ダッシュ使ったり、いろいろ整形。
いっぱい間違いも発見。

それから、まだ残ってる廃材を、鉈というか、斧というか、そういうので割る作業。
すげー、割れにくいのがある。中でも、ほぞがあるのは本当に割りにくい。
両側を角材で支えて、ほぞのある方を下に向けて割ったりして、なんとか12本ぐらい割ると、そろそろ腰がやばくなってきたので、今日はそれでやめ。

で、続いて、小説もどき夏コミ向け版の第2巻の編集と推敲にようやく取りかかろう…と思ったが、炎天下に長くいたせいか、頭痛がひどくて、あんまり集中作業ができず。ずっと観てなかったモンキーターンとか観るが、まだ見終われず。それにしても、青島たんの可愛さよ。

掲示板にいろいろ書いたり、ラジオ聞いたり、なんだかんだで、あっという間に一日が過ぎてしまった。
あ、忘れてた。ごめん(誰に謝ってるか、わからんだろそれじゃ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

小説もどきを書きながら

小説もどきを書きながら、色々と考える。ちょっと踏み込み過ぎたのではないかとか、
本当にそういう流れでいいのかとか。

明快な勧善懲悪でない物語って難しい。
私のような肯定の仕方って、あまり見本がないだけに。

とにかく、お手本がないことだらけ。私一人の頭の中で、ただひたすら物語が突っ走っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »