« うわー、津田沼行きたい | トップページ | Mac復旧作業 »

2004.07.12

裁断機購入

日曜日、名古屋駅のタワーズの東急ハンズへ行ってきて、裁断機を購入。
A3をA4に裁断できるサイズのものだが、A4をA5に裁断するのが主目的。
まっすぐカットするだけのものなら、もう少し安いものもあったが、付属のスケールが頼りなさそうで、正確に垂直に切るのが怪しそうだったので、紙がしっかり固定できるものを選ぶ。但し、よくオフィスで見かける事務用の立派な危なげな刃のついた大掛かりなものではなく、回転刃方式。同時に切れる枚数は10枚以下と少ないが、切る作業自体はかなり安全。

事前に探していたモデルが見つかったが、東急ハンズということもあり安くなかった。…かと言って、近所のホームセンターでは、見かけなかったし、仕方ないか。安いの探して、交通費費やしてもあまり意味がないし。

で、さっそく切って見る。A4をA5に切るということはあまり想定されていないようで、専用の目印はついてなかったが、ゲージはついているので、それで正確に位置合わせると、少なくとも0.5ミリ以下の精度が出せることは確認できた。それと、職場の立派な裁断機よりもずっと扱いやすい。

そういえば、以前、東急ハンズ(あれはセントラルパークの方だったかな)でA3をA4に切ってもらったことがあるが、重ねると1ミリ以上もずれてて(つまり切る位置が0.5ミリぐらいずれてた)苦笑した。店員の裁断は結構あてにならない。

で、どうしてこんなことをするかといえば、同人誌のコピー誌作成(コスト高めで品質も悪いコンビニ等のコピー機は使わず、直接プリンタで印刷)のため。
今まではA4を二つ折りにして綴じていたけど、紙折も面倒だし、分厚くなりすぎるので、今回からは、両面印刷にすることにしたのだ。

プリンタ(HP Deskjet 880c)が結構古い機種なので、当然、両面印刷に対応していないので、一太郎の奇数、偶数印刷機能を使う必要があり、結構面倒なのと、下部に印刷のできない部分が結構広くあるので、レイアウト的にちょっと下が開きすぎる感じになるのも残念(ノンブルがある分、余計に広さが必要)。上部はどうせ広く開いているので、逆さに印刷できる機能があるといいんだけどなぁ。さすがの一太郎もそこまで気が利いた機能はない模様。

プリンタ自体、古いのでもう買い換えてもいいくらいだが(打ち出した枚数も、個人での使用にしては、尋常な量じゃないのでとっくに元がとれてるし)、HPのようにヘッド一体型のインクカートリッジの場合は、全然、印刷品質が悪くならないので(給紙精度は少しずつ怪しくなっているが)、なかなか買い換えに迷う。

今使っている紙は、安いくせに、HPのプリンタと給紙や印刷の相性がやたらいいので(インクジェット用と銘打ってるものでも、確かに印刷はそこそこ良くても、給紙の相性がやたら悪いものがある)、まだ推敲の甘い原稿で、試しに印刷してみたら、50ページほどが給紙トラブルもなく、順調に両面印刷できた。
気にしていた裏写りも特に問題ないことがわかったし、これで無事に制作できそうな予感。

ここまでやると製本テープも使いたい気分になるが、あれは高いのでやめ(笑)。紙は表紙だけ色変えしてみるかな。

|

« うわー、津田沼行きたい | トップページ | Mac復旧作業 »

コメント

裁断機をご購入されてるのでいまさらですが
キンコーズで裁断を頼むと
一辺100円で250枚(?)までまとめて裁断してくれて
結構正確で重宝しています。

投稿: 終始 | 2004.07.19 01:42

一番近いキンコーズでも結構距離があるんで(多分伏見の店が一番近いかなぁ)、交通費使って(自転車でもいいけど)、プリンタと相性のいい自分の紙持ち込みで裁断だけしてもらうというのはあまりにも哀れでして(笑)。

投稿: 新明解 | 2004.07.19 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/951045

この記事へのトラックバック一覧です: 裁断機購入:

« うわー、津田沼行きたい | トップページ | Mac復旧作業 »