« 妹の娘が来る | トップページ | 凄かったな今週のエステル »

2004.07.21

その言葉

その言葉は99%、自分自身に向けられたものでないと、客観的な自分は解っている。
しかし、そのタイミングと、若干のキーワードの一致から、1%はもしかしてと思う楽観的な自分がいて、
その気持ちが自分の中に長々と居座る事に対する漠然とした不愉快さが今日は少々辛かった。

経験的には、一度たりとも例外はなかった。
楽観的な思考に自分が費やす時間は、客観的なそれよりもはるかに長いけれど、客観的自分が短い思考時間で出す冷徹な憶測に、楽観的自分が物語的思考の末に生み出した妄想が勝利したことなど一度もなかった気がする。

「気がする」などという末尾は不要なのだが、それはやはり付け足さずにはいられない。

…などと嘆くのは明らかに前向きな日記ではなく、「ままなってる日々」というタイトルにも反するのだが、この先の何かの創作に、この今の気持ちが役立つかもしれないと思い、残すことにした。

そういう意味ではきっと前向きなのだろう。
この問題は、こうやって文章にしてみると、結構、克服できるものなのかもしれないという気もしてきたし。

|

« 妹の娘が来る | トップページ | 凄かったな今週のエステル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/1015530

この記事へのトラックバック一覧です: その言葉:

« 妹の娘が来る | トップページ | 凄かったな今週のエステル »