« やることが多すぎて | トップページ | 感想書きの日々 »

2004.09.05

中古ノートPC購入の話

さて、ようやく、先週秋葉原で入手した中古ノートPCの話を。

元々、私のパソコン通信(当時は草の根BBSとか)は、東芝のダイナブックの中古を使って始まった。

その後はデスクトップを購入し、ノートPCとしては、キャラベル社(今は存在しない)製の486DX100のものを入手し(当時8万円くらい)、これを時々使っていた。バッテリーはしばらくして寿命を迎えたが、今も本体は全く問題なく動作する。

一方、携帯用にはカシオペアA-60を購入し、これでメールチェックやWeb掲示板への書き込み等を行っていた。乾電池が使えるA-60は非常に便利で、これは今も使っている。
特に、通勤時間や移動時間を使って文章を書いたり、文章をチェックしたりするのに最適。
メールチェックは主に公衆電話に接続して行っていた。購入当時はこれで十分だったが、スパムメールやウィルスメールが非常に多くなった今は、かなりメールチェックが難しくなってしまった。困った話である。
それに、せっかく泊まったホテルにインターネット利用環境があっても、A-60じゃ、メールチェックや大半の掲示板の利用はできても、このページは更新できないのだ(UTF-8にブラウザが非対応なため)。

そんな中、やっぱり、ノートPCも欲しいとは思っていた。

長い間、なかなか手が出せなかった最大の理由は、買うなら、そこそこ高性能のノートPCが欲しいが、それだったらキーボードは日頃慣れ親しんでいる英語配列の方が嬉しい(現在A-60を除くと、仕事も含めほとんど英語配列キーボードばかり使用)。しかし、そういうノートPCは、いつまで経ってもよさそうなものが発見できないという理由だった。
アメリカではいくらでも売ってるんだけど、通販で買うのは保証とかが心配だし、日本では、メーカー直販等で入手できるがそれは結構高い。

先週、観劇を目的として東京に行って来たのだが、この時、結構時間があった。そこで、今回は、英語配列キーボードの中古ノートPCがないか、一度本腰を入れて探してみることにしたのである。

最初、PC-NETで、デル社製のものを発見した。キーボードは良好だし、価格も悪くなかったが、液晶の状態が悪いと書かれていたし、デル社製だとバッテリーの入手が難しいかもしれないと思った。
その後、IBMのThinkPadの英語配列モデルも発見したが、これはキーの一個が脱落していたので論外(苦笑)。

その後、数店を回ったが、まともなものが(良さそうなものが…ではなくて。笑)やっぱり見つからない。
大手の主要な店は大体まわった感があったので(大手じゃないと名古屋在住の場合、保証等心配。笑)、もいっかい、PC-NETに戻って、デルのノートPCの動作状況を確認しようとかな思っていた時、ソフマップの小さい店舗を見つけた。
そこで、そのノートPCを発見した。

ちょうど、デモ中だったので、液晶の状態がすぐ確認できた。モバイルペンティアム3だから、結構古いモデルのはずだが、表示は良好だった。MPEG2らしき動画を再生中だったが全く問題ない。

こいつはキーボード換装モデルではなく、純然たるUS仕様モデルだという事だが、当たり前の話ではあるが、何の問題もなく、日本語版のXp Homeが動作していた。

キータッチはまあそれほどすばらしいというほどでもないが、ThinkPadなら、周辺機器やドライバでの心配事も少ない(デルはこの辺りがかなり心配。特に英語モデルに日本語環境を入れるとなると…)。

DVD-Rドライブが付いてくるので、こりゃ、DVDプレーヤーのないところに行った時などに、自宅のMSP1000で録画した未見DVDを大量消化するのに最適(笑)。

ま、そこそこ傷はあるし、なにしろ、一部キートップの文字が消えていることもあってか、しばらく売れなかったらしく、さらに一万円値引きになっていた。

メモリは512kと少々積み過ぎなのが不満だったし(そんなにいらん。笑)、ハードディスク(20G)や、バッテリーの状態も少々気になったが決めてしまう。
幸い、ソフマップなので、有料保証制度を使えば、名古屋のソフマップでサポートが受けられるとのこと。これはラッキー。

英語モデルということもあってかOSは付属していなかった。
安価なOEM版Windowsは、本体購入の際にしか手に入れられないので、これも購入。
少し迷ったがXp Homeにする。Professionalが必要な場面が私の場合は見あたらないので。
ま、今後デスクトップ機の購入の場合は、Professionalにするかも。

で、一週間かけて、少しずつシステムを整えていった。ノートPC関連の重要なユーティリティやドライバ類はすべてIBMのサイトから楽に入手できてしまう点はさすが。

バッテリーの充電容量は新品に比べて60%程度。通常の使用だと、2時間くらい問題なく動作することを確認(DVDの連続再生の場合はさすがにそうもいかないだろうが。笑)。

ちなみに、購入したのはThinkPad T22の英語モデル。Pentium3 900MHz。使ってみての不満は本体裏側が熱くなりすぎな点。これは旧モデルでは仕方ないか。あんまり安くは済まなかった気もするが、英語配列モデルを入手しようとなると(あるいは英語キーボードを入手して換装する手もあるが)、結構高くなっちゃうからこんなもんかも。

キーボードの出来は絶賛するほどではないが、悪くはない。少なくとも酷使でダメになってるという感じはない(この点は店頭でも調べたけど)。

そんなわけで、結構満足いくものを入手できたという感じ。もし、コミケにサークルが受かって、3DCG作品も一応何か出来てたら、こいつをデモ用に持っていく予定。バッテリーを新規購入すれば、今の付属のものと合わせて4~5時間は動作させることができそうだし(実はそれが一番重要な目的だったりするかも)。

DVDの再生も問題なし。これで、通勤時間中のアニメの視聴なんかも十分可能だけど(特に城北線は全く混雑してないし。笑)、さすがにそれはできないか(苦笑)。

|

« やることが多すぎて | トップページ | 感想書きの日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/1362368

この記事へのトラックバック一覧です: 中古ノートPC購入の話:

» 激安パソコン・ノートパソコン購入を支援 [激安パソコン購入Navi]
パソコンを1円でも安く購入する方法を紹介。 [続きを読む]

受信: 2005.11.30 04:09

« やることが多すぎて | トップページ | 感想書きの日々 »