« 名古屋の大雪 | トップページ | 既に日付が変わってますが »

2005.02.02

故障PCの顛末

購入早々故障したDell社製PCの件はとりあえず収束。

異常動作の原因と思われるメモリの代替パーツが届き、それに交換すると正常動作するようになる。

ただし、不満はあった。
違う種類のメモリが来るとデュアルチャネル動作に不安があるから、2枚とも替えて欲しいとあらかじめ要望しておいたのだが、それに対し、Dellのサポート係は同じメモリを届けるから大丈夫と回答してきた。
しかし、実際に届いたメモリは製造メーカーが違っていてがっかり。

ちなみに本体に入っていたのはプエルトリコ製で、届いたのは台湾製。

クレームしようかなと思ったけど、めんどくさいのでやめる(…というかごねてる暇がない)。
確かにスペックは全く同一のようだから、一応、同じメモリと言えなくもないが、そういうのを同じメモリだから…と回答しますかね? Dellサポート様。
あたりまえだけど、SPDの製造メーカー情報だって、まるきし違うわけだし。

どうやら、ちゃんとデュアル動作してるみたいだし、そもそも、デュアルチャネル動作するかしないかで、実際のところはそんなに性能に違いは出ないらしいから、今回は我慢(でも、それが今後の私のメインPCなのがなんか悲しいなあ)。

そんなわけで、今日から、起動が非常に怪しくなってきたPCからデータをとっとと移動開始。
メール関連は移したが、まだまだ終わらない。

もう一台届いたDell PC(OSを含め、完全US仕様)の方も早めに動作確認しないと心配なんだけど、来週は手術と入院で職場に行けないから、再来週。

今回の件で、これからは、Dellじゃなくて、HPを選ぼうかなと少し思ったが、実は別の人が購入したHP製ワークステーションが購入早々トラブル。
いやはや、何を選んでもダメな時はダメですな。

|

« 名古屋の大雪 | トップページ | 既に日付が変わってますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/2785895

この記事へのトラックバック一覧です: 故障PCの顛末:

« 名古屋の大雪 | トップページ | 既に日付が変わってますが »