« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.24

岡崎の三研究所を見学

学問・資格というカテゴリを使うのは初めてな気がする。

今日は、職場の関係で、岡崎の三つの研究所を見学。
分子科学研究所、生理学研究所、基礎生物学研究所の三つ。

予想以上に面白すぎて参りました。やっぱ、毎度のことながら、ホンモノは凄い。
あんまり、いい加減なことを書くのはアレなのだが、まあ、素人の文章ということで勘弁。

まず、分子科学研究所、まず、UVSOR装置が生々しくていい感じ。
研究室を見廻る中では、分子錯体で超伝導物質を作るとかの話に興味。
もうこの領域も分子でもアリなんだなあ。
この辺りはオーソドックスな物理化学とかの研究所っぽい…ってゆーか、
私、山形大学の高分子化学科卒なのだが、そこと雰囲気が近いなと感じた。

次、生理学研究所。脳測定用のMRIも性能が異常に高く、すごいけど、
脳磁計がスゲー。指とか動かすと脳の活動野が秒精度で判別できてしまうと。
動く物体を見せたり、言葉喋らせたりしながら、脳を計るわけです。
周波数が脳の活動で上がったり下がったりするそうで、面白すぎ。

さらに次、基礎生物学研究所。ゲノムが小さい植物を使い、色んな方法でDNAに傷を作って研究。
葉の形成とかに影響する遺伝子とかの絞り込み。
なんと今は半年程度で、葉の形の決定に関係する一つの遺伝子が絞り込めるそうです。
学生の論文書くのにちょうどいい期間だそうで。
うひゃー、もうそんなとこまで進んでるんですか。
今まで特に意味がないと思われていたDNAの部分にも、実は意味があるらしいとか、まだまだわからないことがいっぱいだそうで、どこまでも奥が深そうです。

そして、大型スペクトログラフ、デカい分光装置。乱暴に言い換えると虹発生装置です。
これがデカいんです。歩いていくと、自分の体に当たってる光が緑から黄色とか徐々に変わっていくんです。

「極紫外はアブないので今は出してませんが、それでも奥の方とか、紫外が出てますんで、あまり行かない方がいいです」とか声かけられます。
スゲー、あっちはUVとか出てるのかよお、とか参ります。

午後は、山手の共通研究施設へ。

まずは、NMR(核磁気共鳴スペクトル)装置。
ここは、すさまじい磁界です。キャッシュカードとかは、戸を開けたとたんにおじゃんだそうです。
入るとデカい装置の下、周囲の床に丸く線が引いてあります。で、その先が100ガウス以上です。すげー100ガウスって。
奥の方は10000ガウス(1テスラ)とかあるそうです、それってどんな磁界ですか。しかも、そこに人が入っちゃうそうなんです。凄すぎます。

続いて、生体の温度センサーの研究、面白すぎます。
熱さを感じるセンサーの一つは、42度周辺(正確だったか覚えてないけど)で、正確なスイッチのように反応するとか。

それって化学反応的なものだから、人によってその温度の差がないということか聞いてみると、
差はないというんです。じゃあ、途中の神経とかで脳まで伝わる経路の問題はともかく、
そのセンサーの部分に関しては、どんな人間でも反応する温度は全く同じなのか。
うひゃ、すげー、すげー話だ。初めて聞いた! もう熱中してしまう。

そして、午前は植物関連の研究室を見たけど、今度は魚。小さい魚を、大きめの辞書サイズ程度の水槽で小分けして、大量に育ててる。すげーです。それを眺めてると、

「ちなみに……のマークついてる番号……の水槽のは、うちで作ったミュータントです」

みゅ、ミュータントっすか! 東岡崎駅で買えるμチケットじゃなくて。
ここはそんな用語、普通に飛び交うですか。
こ、ここはSF世界ですか!!
(いや、午前の植物の方もミュータントがいっぱいなわけだが)

いや、うちの研究所だって、SOLAR-B衛星のデータを使おうとか、SF世界みたいな話とかが時々出てきますので、よそのことばかり言ってられませんが。

そのあと、生物系では世界第一級の電子顕微鏡の紹介。説明している人が熱いです。もう燃えてます。
しかも、去年からばりばり稼働してることを熱弁してます。
なんか、将来的には、ガラスとかを見たいとか言ってますよ。

電子顕微鏡でガラスを見るのですよ、ガラス!! こ、ここはSF世界ですか?

とにかく、すっかり、あてられて、ふらふらで帰ってきました。

そういえば、私の職場、核融合科学研究所では、
今年も研究所一般公開(オープンハウス)があります。
同じ自然科学研究機構ということで、今回からは、岡崎の三研究所、そして、国立天文台の展示があるはずです。お暇な方はどうぞ。

今回は、さっき紹介した生体温度センサーの話とか講演会もあるんですよ。
8月20日(土)です。入場無料、多治見駅から無料バス出ます。

うちのグループの展示ブースも、今回はちょっとすごいプラズマの実験を計画中です。
こんなのはどこでもみれないよという類のものです。
まだ内容公開されてないようなので言わないけど。

そういえば、私は何を手伝わされるのか不明(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.06.20

蜂に刺される

日曜日、木の枝の剪定をしている(させられている)時に、突如あごの辺りに鋭い痛み。
うわ、蜂に刺された。枝をよく見ると蜂の巣が!

蜂に刺された記憶などないので、かなり慌てるが、とりあえずアンモニアで中和した後、軟膏を塗ることで特に激しい痛みも残らなかった。
でも、なんだか今日になっても違和感があるなあ。

前も毛虫にかぶれたことがあったし、枝切りの時は注意しないとダメだなあ。

殺虫剤を撒いた後、蜂の巣を二つほど駆除しつつ、作業継続するが、
去っていた蜂が戻ってきたのでそこまでで中止。疲れた。

この時期は毎年ひどく疲れ気味。
今日の疲れも激しいものがあるが、年中頻繁に疲れているだけに、いつも休むべきか迷う。
職場に行ってみないと不調が深刻なのかがわからないんだよなあ。風邪等で熱が出るとか分かりやすい症状が出ればいいのだけど、そういうことはないからなあ。
結果、毎年あんまり年休を行使してない。(手術入院のために今年はちょっと使ってるけど)

たまには年休を行使した方がいいような気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

SL-CT720購入

今まで通勤や旅行時に愛用し続けてきたSONYのCDプレーヤー(MP3再生可) D-CJ01。
ひたすら酷使続けるも、未だ全く壊れる様子はないのだが、どこからかプラスチックの粉か塗料かが出てくるようになった。
少し放置してるだけで、内部のCD-Rメディアの表面状態はめちゃくちゃ(笑)。
最終的には再生もおぼつかなくなる(よくもまあ、こんな表面で再生できるもんだという状況でも再生するが)
ブロワー等で吹けば、元通りだが、放置が長いとメディアが傷だらけになることは避けられず、買い換えを決意。

今回は一転してPanasonic(SL-CT720)を購入。
音質等はD-CJ01より明らかに良好(オーディオCD再生時のD-CJ01の音質はかなり悪い)で、概ね不満なし。
リモコンの操作性はSONYの方が好きな点が多いかも。
ただ、単三ニッケル水素電池が本体内蔵できないのは残念。
その代わり荷物は薄く軽くなったけど。さて、今度はいつまでもつか。

それと、耳かけタイプのヘッドフォンに変える(これはSONY製。笑)。音はむしろこっちの方が悪い気がするし、音の漏れが酷いが、やっぱ、耳の穴が痛くならないのはいいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

発表は電撃大王9月号に持ち越し

第12回電撃小説大賞、一次審査通過作品発表はコミック電撃大王9月号誌上になると公式サイトに告知。

応募総数は3,022と今回最多。そのうち長編部門は1,722作品。
なんという応募数。
ほんと、選考の方、お疲れ様としか言いようがないです。

去年は電撃大王8月号に一次審査の結果が出てたので、今回は一ヶ月遅れとなる。
私の応募作品の命運も一ヶ月先に延びてしまい、なんともはがゆい。
去年の通過数から考えると、1/10近くに絞り込まれると思われるけど、ま、一次も通らんようなら、今後の作品応募はとっとと諦める予定。

ペンネームは、ろくなひねりもありません。私を個人的に知ってる人はすぐわかります。
コミック電撃大王9月号をお手に取る機会のある方は遠慮なくお探しください。
但し、ペンネームは新明解ではありません。

私は「よつばと!」を心の支えにしているので、次号に発表がなかろうと、コミック電撃大王は買います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DoGA CGアニメコンテスト感想を書き上げる

DoGA CGアニメコンテスト17の入選作品感想

DoGA CGアニメコンテスト17の外伝ビデオ収録作品感想

先週末ようやく書き上げる。くたびれた。

誰からも強制されているわけではないけど、もはや、これは義務的になりつつある。

このコンテストに最も足りないもの、それはまずその作品へのフィードバックだと思っている。
特定作品に対しての感想はblogなどにも書かれているけど、全作品網羅というと多分私だけ(それでも初心者部門が欠落してるけど)。
私の作品感想が偏っていることを自覚しつつも、誰もやらないのなら、やっぱり続けていこうと思う。
(誰もやってないからこそやりたいことが、あまりにも多い)

それと、選り好みせず作品感想を書く行為が、作品創作の源になってるのも事実。
ただ、私の場合、それは3DCGアニメーションではなく、小説(もどき)という形になってしまってるのだけど。

さて、いつかは私も再びこのコンテストに作品を出せるのかなあ。
最近、ますます難しいなと感じているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

感想書きが進まない

DoGAの入選&外伝作品の感想にまだまだ苦戦。
一つ一つ、掘り下げてしまうとどれも奥が深い。
色々考えてしまい、毎日疲れきってしまう。

外伝があと五作残ってる。なんとか土日までに片付けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »