« 彼女の声が聴きたくて(PS2版 GUNSLINGER GIRL) | トップページ | 朝から夜まで万博 »

2005.08.28

Carrara4ユーザーになる

3DCGソフトとしてImagineを長く使ってきた私だったが、そのアニメーション機能の取り回しの悪さには苦戦していた。
そして、Imagineのこの先の見通しは非常に暗い。

そんなわけで、何か別のプラットフォームを時々物色していたのだが、偶然、Carraraというソフトを発見。
デモ版をダウンロードして使ってみる。

・Imagineで制作した人体オブジェクトをインポートすることに成功
・Boneの割り当てもうまくいった。
・GUIがわかりやすい。
・アニメーション作成機能の操作性が良い、モデラーとの統合もよく出来てる。
・アニメーション確認が容易、スライダーを動かすと瞬時に動作、Boneが入ってても大丈夫。
・レンダリングもまずまず高速な上、HT対応、ネットワークレンダリングも可能。
・一日いじっていて全体概要がつかめてしまった、つまり私にとって相性がいいソフト。

そんな感想を抱く。

モデラーの機能がやや物足りないし、全体的に用意されている機能があっさりしている
ソフトという感想を抱いたが、私の場合、モデラーはImagineの力を借りればいいわけだし、
私が個人で作品制作するには十分だと判断し購入を決定。

実はCinema4Dは気になってたし、LightWaveも実はVer5の頃のユーザー権利があるので(当時のバージョンは、人物を動かすにはやや機能が乏しかったので挫折した)、これをVer8にアップグレードしようか迷っていたけど、
Carraraユーザーなら、日本で目立つことができそう…といういつもの悪い癖が出てしまった模様(おいおい)。

買ったのは英語版。その理由は二つ。

・やはり日本語版はアップグレードが遅れること
・英語での機能名はやはり、Imagineと似たものが多く、覚える必要もない用語が多いため

そんなわけで、今後の3DCGアニメーション制作はまず間違いなくCarraraをメインに使用していくつもり。

図は、Imagineで制作した人物オブジェクトをCarraraに持ってきて、Boneを適用してみたもの。

carrarawork

|

« 彼女の声が聴きたくて(PS2版 GUNSLINGER GIRL) | トップページ | 朝から夜まで万博 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/5682303

この記事へのトラックバック一覧です: Carrara4ユーザーになる:

« 彼女の声が聴きたくて(PS2版 GUNSLINGER GIRL) | トップページ | 朝から夜まで万博 »