« コミケ(日曜日)の話 | トップページ | COACH☆ イベント in 名古屋 »

2005.08.22

核融合科学研究所一般公開

土曜日は核融合科学研究所一般公開にスタッフ参加。(私はこれでも一応職員なもので。笑)
毎度ながら、地元を中心に多くの客がつめかける。
年々、子供向けに楽しい企画を増やしているので、とにかく子供には好評な感じ。

一方、大人の方も科学に関心が高い人が多く、いつも非常に難しい質問をしてくるので、いつも当惑する。
今回は電子軌道(K核,L核等)の陽子からの距離がどれぐらいなのかとか、プラズマテレビの動作原理がどうなっているかなど。うわー、そんなん知らないなどと大焦り。

あまり関心を持たれにくいと思ってた原子分子データベースに対する質問もあったり、将来、核融合科学研究所のようなところに自分の子供を入れたいと思うのだがどうしたらいいかという話もあったり、いろんな形で研究所に関心を持っている人が多くて驚く。
研究設備の安全性に関する質問については、とにかく、最近は非常に多くの説明パネルが作られ、展示されている(熱心にそれに見入っている人が結構多かった)ので、あまり多くなかった。
やっぱ、丁寧な説明って大事だよね。

一方で、今回も、中学、高校生あたりの観覧者がやっぱり少なめな印象(万博とは対照的)。
宿題に忙しいのかもしれないが、小学生の時にあった科学への関心は、どうして、中高校生になると急激に薄れていくのか。その辺りを考えていく必要があるかもしれない。
(いや、大体、何に関心が移ってるのかは私はわかるんだけどね。笑)

今回、楽しみにしていたプラズマ火球の実験は、当初はうまくいくのかやや心配されていたが、非常にうまくいった模様。

私は担当場所が違ったのだが、一度だけ実験を観に行った。
炭酸水素ナトリウム(重曹)の液体の水面上で放電すると、球状のプラズマが発生し、クラゲのような形になって消えていく。
その時間は一瞬なので、ちょっと物足りないが、高速度カメラも持ち込んでおり、その発生と消失過程をスローモーションで見ることができた。大きさは5~6cmぐらいだったかな。思っていたよりわりと大きめ。

ビジュアル的には地味だが、プラズマがどうして球状になるのかがまだはっきりしていない(水上での実験なので、水分子の影響である可能性が大だが)ということもあり、画期的実験。
スペクトルを観ると、プラズマはナトリウムである模様。

会場の、もっとも離れた場所での実験で、宣伝もあまり大々的には行わなかったので、人の集まりは少なかったようだが、狭い場所だったので、ちょうどよかったという話も。

|

« コミケ(日曜日)の話 | トップページ | COACH☆ イベント in 名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/5581147

この記事へのトラックバック一覧です: 核融合科学研究所一般公開:

« コミケ(日曜日)の話 | トップページ | COACH☆ イベント in 名古屋 »