« 彼女の声が聴きたくて | トップページ | GUNSLINGER GIRL Vol IIプレイの続き »

2005.08.10

さて最近の私

実はPlaystation2を買った後は、ガンスリンガーガールだけでなく、ソウルキャリバー2とかも買ってきてやっている。こっちの方はクリアとかどーでもいいので気楽でよいし、難易度が低めでわりとプレイに苦労しない。
他にはアクアキッズも購入。こっちは結構難しい。

そんなわけで、今の私は、執筆した小説を新人賞に出したのが一次で落選して、もうやけになって、日々、ゲームプレイに逃避しているように見えるのだが(実際そうなのかもしれないが)、一応、今後、何をしようか模索中。

ポリゴンゲームなどを遊びながら、
「もー、リアルタイムでこんなに動いちゃうと、3DCGソフトで地味~に時間費やして、モデリングとかモーションデザインとかレンダリングして、ちまちま作品作るのなんて意味ねえな」
などと思うようになるかと思いきや、なんだか、やっぱ自分でポリゴンキャラを扱うのもいいよなあと、今更思い直す日々。
それにゲームではなく、3DCGソフトを使って出来る表現の可能性というのも、まだまだ色々残されていると感じるし、その私の考える「余地」が、自分にとって全く手の届かないところにあるという気も、最近になってむしろしなくなってきた。

一方、小説に関しては、落選した作品は、全くといいほど誰にも読まれていない状況で(Webに公開したものの、積極的な宣伝もしてないから仕方ない面もあるが)、まるで評価されない現実を、一応は受けいれつつも、そうは言っても、凹みがち。
その大きな理由は、自分では結構面白く仕上がったと思っているからだろう。
しかし、そうは言っても、あの作品は、あれもこれも試してみた感があり、その結果、風呂敷をあまりにも広げすぎてしまって片付かなくなってしまった。
むしろ、やりたいことを絞れば、もう少し整理できると今なら思う。

そんな中で、アイディアがいくつか頭にうかび、今の私には、いくつかの選択肢が浮かび上がってきている。

・コンテまで描いて放置中の3DCG作品をいい加減に仕上げる (なんか全然やる気がしない)
・新しく思いついたひらめきがあるので、そのネタでコンテを書き、3DCG作品化する
・新しい小説執筆に着手 (二種類のひらめきが有り。片方は独自のエッセンスはあるものの、一般向けのオーソドックスな展開を含む構成。もう一方は少々斬新というか、世の中の青少年向けエンターテイメント系作品の軌道を少々外れたアイディア←上で述べた3DCG作品向アイディアと共通点あり)
・落選した作品の続きを書く(実はすでに未推敲ながら数話ストックあり)

…などなど。

そのように、頭の中ではいろいろと夢は広がるものの、実際のところは、飽きっぽく、以前よりは制作時間もなく、二つの手術のおかげで、かなりの体の改善をみたものの、年齢のせいもあってか、体調もまだまだいまひとつ、三橋加奈子の応援にも時々忙しい…というたった一人の私しかいない。

そこがどうもはがゆい日々。

それと、もう一つの問題として、自分の表現したいことや、これは面白い、と思う新しい方向性は、恐らく世の中のニーズとはかけ離れているのではないかと思えてきた。
そうなってくると、作品制作は、一層強い孤独との戦いになるわけで、そんなことに自分が堪えられるのかが正直、疑問。
でも、表現したいという気持ちは捨てられないんだよなあ。

なんだかもう世捨て人状態。遊び人の新さんと呼んでくれい。

|

« 彼女の声が聴きたくて | トップページ | GUNSLINGER GIRL Vol IIプレイの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/5386641

この記事へのトラックバック一覧です: さて最近の私:

« 彼女の声が聴きたくて | トップページ | GUNSLINGER GIRL Vol IIプレイの続き »