« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.28

木曜は池袋へ(酒坊っちゃん観劇)

最近、blogにはあんまり書けないことばっかり起きて、色々ゴタゴタしている(苦笑)。

それってアレのことだろ?と思ったアナタ、実はそれじゃないのかもしれない。

ちなみに、それを除いてもblogを書くネタにはちっとも困ることがない。そのわりには全然書いてないのは、書き始めるとかなりくたびれるから(笑)。

さて、今日は木曜日の話。

三橋加奈子さんが出演する「酒坊っちゃん~走れば小銭の音~」を観に、池袋の東京芸術劇場に行ってきた。

観たのは昼夜の二回。今回は再演で、前回も数回観ているのですっかり物語の内容が頭に入ってしまってるけど、何度観ても面白いものは面白い。それに、今回多少変わってる部分があって、それも面白かった。

それに、今回は、今までの舞台と比べても、加奈子さんがすさまじく可愛くて、俺を殺す(悩殺する)気か…って気持ちだったんですが、俺って、まだ、そーゆーこと書いててもいいんですよね>各位。

どうも最近はファンページの管理とか増えてることもあってか、妙に対応が事務的になってる気がするんだけど(友人にも指摘されたし)、ファンとしての気持ちは全然変わってないんだなあ、ってことを舞台でお姿を観るたびに再確認する。(関連情報をカナココログにも書いておいた)

今回、夜の部を観た後で東京駅直行すると、名古屋行きの新幹線の最終がぎりぎり気味だったので(池袋はやっぱ遠い)、あらかじめ、ハイウェイバスのドリーム号を予約して観る。

あとで振り返ってみれば、舞台終了後とっとと帰れば、間に合うタイミングだったなあ。

まあ、ドリーム号車内ではわりと眠れたので良かったけど、寝違えたのか、左足首が捻挫状態。翌日6時到着後、家で飯食って出勤した時には、まだそれほど痛くなかったんだけど、帰宅時にはかなり痛くなってた。まあ、そうは言うものの、それほど苦もなく歩けるからいいんだけど。

ともかく、金曜は、寒空での歩行距離が長い勝川駅経由を避けて、行きを金山駅経由にしたのは正解だった。帰りは名古屋駅経由で帰宅。その時、ついでに涼風と絶対少年のDVDをゲット。涼風DVD、ジャケットが可愛すぎます。

なお、酒坊っちゃんの感想は千秋楽迎えた後に書く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

銀色の髪のアギトを観た

tsupo氏を誘い、銀色の髪のアギトを観る。

以下、ネタばれ等、気にせず感想を書きますので、ネタばれがいやな人は読まない方がいいかもしれません。

ひと言で言うと、GONZO制作の映画だという情報と、番宣ムービーを観て、ちょっといやな予感がしてたが、その予感が的中したという感想。

物語的にはまあそこそこまとまった出来とは思う。しかし、それは、ナウシカとかコナンとかラピュタで観たような、既視感のある展開や映像が多い。小綺麗なんだけど、淡白。アクとか、生臭さ、こだわりとかがあまり感じられなくて物足りない。

登場キャラも全体的に魅力薄な感じ。アギトを中心に描いてるはずなのに、どうもアギトという人物が見えてこない。トゥーラの方はわかりやすい。でも物語はトゥーラの視線ではあまり語られてないのでどうも心の響いてこない。

ま、トゥーラの躍動的なアクションシーンとか、鉄道とか、映像は全体的に観てて楽しかった。但し、あの最終兵器は今ひとつだったかな。あのたくさん並ぶの扇風機がどうも機能的じゃないし。

また、世界観設定等も、複雑すぎず、まずまずいい感じなんだけど、その世界を使って何を訴えたいのかが見えてこないなあと思った。

自然を大切にというメッセージ? まさか? そんなありがちなことじゃないでしょ?
そうじゃなくて、危険なテクノロジーによって変質した生態系さえも、我々は受け容れていこうということ? 

そういう考え方を伝えようとしてるのなら、面白いかなと思うんだけど、この作品はそんなことを伝えたいのじゃなくて、どうも、見せ場映像のために物語がある……そんな感じが拭えないんだよなあ。

なんか、私がこのところ思っている日本アニメ映画の行き詰まり。その典型的なパターンをこの作品にも感じてしまうのだ。

めまぐるしく変わる世界の中で、我々は今こそ、まだまだ語らなければならないことがたくさんある。

それなのに、今、日本が、映画とアニメという道具を使ってそれをしようとする場合、その作品に要求されるエンターテイメント性が、3DCGなどのテクノロジーが、むしろ、作品のメッセージ性を薄めてしまっているのではないか。

どうして、どの作品も、似たような罠にかかってしまうのか。そんな問題に私はいろいろと思いを巡らせている。

それに対して、今の私は、何か別のアイディアを持っていないかというと、そういうわけではない。いくつかのアイディアはあり、それらは、私自身を納得させることはできる気がする。しかし、一方で、一人でも、誰か他人を納得させられるのだろうかというと、その手応えは全くない。

いや、それ以前に、アイディアを表現する時間が全く不足している。そんな焦燥にも近い、諦めの気持ちが、今の自分を取り巻いている。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.01.18

ライブドアショック

ライブドアショックで少々騒ぎが起きてますが、
それよりも、「それゆけ徹之進」の行く末を心配してるのは俺だけでしょうか。あのアニメは本当に凄いね。なんだか世紀末的。(世紀を越えてるけど。笑)

それと、Opera日本語版の行く末も心配ですねえ。Eudoraは早々に見捨てて良かったな(苦笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.10

アニメ「涼風」最終回の感想

いまさらながら、「涼風」最終回の話をまとまりもなく書きます。

なんだか、いろんなところで書いたけど、アニメ「涼風」って、まさに私のために用意されたような作品だったなあと思う。贅沢な話だ。三橋加奈子をメインに応援し続けてきて良かったなと思う。

で、その最終回は2クールという規模の作品にしては、非常に収まりが良い最終回だったと感じる。鈴木真仁演じる早乙女優花の最後のセリフが作品をうまくまとめたなと感じた。二人はまだスタートラインに立ったばかりなのだ。

なんだか、原作者がアニメ最終回のタイミングに配慮して、物語を調整してくれたような気がする。私自身、数話前からこの部分で終わることが予想できてたし。

それから、ヒロインの三橋加奈子だが、今回の仕事を通じ、特に激怒や悲しみの演技に磨きをかけることができたと思う。朝比奈涼風は、私が期待していた彼女の良さが最大限生かせたキャラだったと思う。

作品自体は、原作をほぼ忠実に再現しており、全体的には、恋愛をメインにした物語としては、その恋愛自体の奥深さにはそれほどは踏み込まないあっさりした内容だったと思う。まあ、少年誌連載ものだし仕方ないかもしれないね。それから、キャラが行動する動機に不足感があった部分が色々合ったようにも思う。

結局、「涼風」は、この先どうなるのだろうか……というようなワクワク感を読者に与えることに重きを置いて作られた作品だったと思う。敢えて悪い言い方をすれば行き当たりばったり。その物語をアニメに忠実に移してしまったので、物語の流れを知ってる原作漫画読者には物足りない面もあったと思う。

どちらかというと凝った物語構成のアニメを好む私には、物語としては、少々物足りない面はあった。しかし、三橋加奈子をこれだけ活躍させておいて、これ以上、注文を付けるのは、贅沢な話だよね。

そんなわけで、原作者、制作スタッフ皆さんに深く感謝してます。本当にありがとうございました。もうファンとしては、思い残すことはあまりありません(おいおい。笑)。

さて、とうとう、涼風も終了し、アニメではシュガシュガルーンが残るのみ。

この先の彼女の他のアニメ等の作品での活躍が一体どうなるかは全く不明で、大いに気になるところ。この先も魅力的な役を獲得していくことはさぞや大変なことだろうから、私の応援の日々はまだまだ続くんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか一段落しない日々

去年はコミケ準備に大苦戦。マシントラブルなどもあって、直前まで不眠で作業。朦朧としたまま東京に向かった。

それだけ苦労したわりには、冊子はほとんど捌けず。まあ、いつものことだけど、努力が報われることはないなあ。たまには達成感を得たいものだが、もう少し方向性とか、準備とか、宣伝とかを考えた方がいいのだろう。展示用に持って行ったThinkPadはちゃんと動いてくれた。バッテリーの持ちは微妙だけど、今後もうまく使って行けそうな感じ。

多分、夏コミは受からないと思うので、この際だからと、電子申込にチャレンジしてみるつもり。

とにかく、PCのチューニングが不十分で、同人誌作成作業が思った通りに捗らなかったことを大いに反省。

まず、マザーボードに付属していたNorton Internet Securityを導入したが、この調整不足でファイル共用に失敗。睡眠不足で意識朦朧としていたため、対策が思いつかず。

一方、プリンタはしばらくカラーカートリッジを使っていなかったので黄色が出ず。しかも、直接メインマシンにUSBで接続できないことに気づく。去年のマザーボード交換後に確認をしていなかったのは失策だった。

しばらく動作させてなかったタブレットはうまく動いてくれた。スキャナはフタのヒンジを壊してしまったが(プラスチック自体の劣化も進んでいた様子)、こっちも概ね問題なく動作。

てなわけで、今年に入ってもメインPCの調整作業中。他にも以下のソフトウェアの導入作業等いろいろと。

・Proteus Xのバンドルソフトのアップグレード作業。音楽作成ソフトをCUBASE LEに。
・3DCGソフトをCarrara 4 ProからCarrara 5 Proへ移行。
・マザーボード故障の際に解除キーをロストしたParticle Illustion3を復活させる。

で、さっそく、Carrara 5 Proを、三橋加奈子誕生日向けページ(期間限定)のムービーファイル作成に使用。サンプルプロジェクトを改変して利用。カメラトラッキングのクセがまだわからないし、シェーディングを全くいじらなかったので、私らしくないレンダリング感になってる(苦笑)。手抜き感が漂ってしまい大いに反省。

今まではImagineを使っていたが、今後はやっぱ、Carrara 5 Proになっていくと思う。文字ロゴ作成はかなりやりやすいし。

それから、復活させたParticle Illusion 3もGifムービー作成に利用。これは、例年通り。実はこれは既存のパーティクルライブラリをそのまま使っているので、すごく楽。Gif化する部分で少々手間かけてる程度。

この先、やりたいことはいくらでもあり、それらひとつひとつ、具体的にどう進めていけばいいかも見えてるんだけど、一体何から先に手をつけていいかで迷い気味。Carrara 5 Pro本格稼働に伴い、3DCGアニメ作成作業にも本腰を入れたいんだけど、どうせ、今からじゃ、DoGAのコンテストには間に合わない。

一方で、すでにアイディアが浮かんできている小説に本格的に着手したい気もする。今からでも駆け足で書けば、電撃大賞の締切に間に合うかもしれないし。

アニメ関連でも書きたいけど、記事を分けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »