« なかなか一段落しない日々 | トップページ | ライブドアショック »

2006.01.10

アニメ「涼風」最終回の感想

いまさらながら、「涼風」最終回の話をまとまりもなく書きます。

なんだか、いろんなところで書いたけど、アニメ「涼風」って、まさに私のために用意されたような作品だったなあと思う。贅沢な話だ。三橋加奈子をメインに応援し続けてきて良かったなと思う。

で、その最終回は2クールという規模の作品にしては、非常に収まりが良い最終回だったと感じる。鈴木真仁演じる早乙女優花の最後のセリフが作品をうまくまとめたなと感じた。二人はまだスタートラインに立ったばかりなのだ。

なんだか、原作者がアニメ最終回のタイミングに配慮して、物語を調整してくれたような気がする。私自身、数話前からこの部分で終わることが予想できてたし。

それから、ヒロインの三橋加奈子だが、今回の仕事を通じ、特に激怒や悲しみの演技に磨きをかけることができたと思う。朝比奈涼風は、私が期待していた彼女の良さが最大限生かせたキャラだったと思う。

作品自体は、原作をほぼ忠実に再現しており、全体的には、恋愛をメインにした物語としては、その恋愛自体の奥深さにはそれほどは踏み込まないあっさりした内容だったと思う。まあ、少年誌連載ものだし仕方ないかもしれないね。それから、キャラが行動する動機に不足感があった部分が色々合ったようにも思う。

結局、「涼風」は、この先どうなるのだろうか……というようなワクワク感を読者に与えることに重きを置いて作られた作品だったと思う。敢えて悪い言い方をすれば行き当たりばったり。その物語をアニメに忠実に移してしまったので、物語の流れを知ってる原作漫画読者には物足りない面もあったと思う。

どちらかというと凝った物語構成のアニメを好む私には、物語としては、少々物足りない面はあった。しかし、三橋加奈子をこれだけ活躍させておいて、これ以上、注文を付けるのは、贅沢な話だよね。

そんなわけで、原作者、制作スタッフ皆さんに深く感謝してます。本当にありがとうございました。もうファンとしては、思い残すことはあまりありません(おいおい。笑)。

さて、とうとう、涼風も終了し、アニメではシュガシュガルーンが残るのみ。

この先の彼女の他のアニメ等の作品での活躍が一体どうなるかは全く不明で、大いに気になるところ。この先も魅力的な役を獲得していくことはさぞや大変なことだろうから、私の応援の日々はまだまだ続くんだろうな。

|

« なかなか一段落しない日々 | トップページ | ライブドアショック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/8100094

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「涼風」最終回の感想:

« なかなか一段落しない日々 | トップページ | ライブドアショック »