« 銀色の髪のアギトを観た | トップページ | Dell 英語版キーボードに関する雑文 »

2006.01.28

木曜は池袋へ(酒坊っちゃん観劇)

最近、blogにはあんまり書けないことばっかり起きて、色々ゴタゴタしている(苦笑)。

それってアレのことだろ?と思ったアナタ、実はそれじゃないのかもしれない。

ちなみに、それを除いてもblogを書くネタにはちっとも困ることがない。そのわりには全然書いてないのは、書き始めるとかなりくたびれるから(笑)。

さて、今日は木曜日の話。

三橋加奈子さんが出演する「酒坊っちゃん~走れば小銭の音~」を観に、池袋の東京芸術劇場に行ってきた。

観たのは昼夜の二回。今回は再演で、前回も数回観ているのですっかり物語の内容が頭に入ってしまってるけど、何度観ても面白いものは面白い。それに、今回多少変わってる部分があって、それも面白かった。

それに、今回は、今までの舞台と比べても、加奈子さんがすさまじく可愛くて、俺を殺す(悩殺する)気か…って気持ちだったんですが、俺って、まだ、そーゆーこと書いててもいいんですよね>各位。

どうも最近はファンページの管理とか増えてることもあってか、妙に対応が事務的になってる気がするんだけど(友人にも指摘されたし)、ファンとしての気持ちは全然変わってないんだなあ、ってことを舞台でお姿を観るたびに再確認する。(関連情報をカナココログにも書いておいた)

今回、夜の部を観た後で東京駅直行すると、名古屋行きの新幹線の最終がぎりぎり気味だったので(池袋はやっぱ遠い)、あらかじめ、ハイウェイバスのドリーム号を予約して観る。

あとで振り返ってみれば、舞台終了後とっとと帰れば、間に合うタイミングだったなあ。

まあ、ドリーム号車内ではわりと眠れたので良かったけど、寝違えたのか、左足首が捻挫状態。翌日6時到着後、家で飯食って出勤した時には、まだそれほど痛くなかったんだけど、帰宅時にはかなり痛くなってた。まあ、そうは言うものの、それほど苦もなく歩けるからいいんだけど。

ともかく、金曜は、寒空での歩行距離が長い勝川駅経由を避けて、行きを金山駅経由にしたのは正解だった。帰りは名古屋駅経由で帰宅。その時、ついでに涼風と絶対少年のDVDをゲット。涼風DVD、ジャケットが可愛すぎます。

なお、酒坊っちゃんの感想は千秋楽迎えた後に書く予定。

|

« 銀色の髪のアギトを観た | トップページ | Dell 英語版キーボードに関する雑文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/8387660

この記事へのトラックバック一覧です: 木曜は池袋へ(酒坊っちゃん観劇):

« 銀色の髪のアギトを観た | トップページ | Dell 英語版キーボードに関する雑文 »