« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.12

Vistaには関心はないが、不満もない

なんか色々忙しかったりで、ブログ更新もサボりまくってます。

やりたいことが多すぎて、もう、世の中にアンテナ張って、あーだこーだコメント書くのが面倒になっちゃってるのかもしれません。

ま、でも、話すネタには事欠かないから、久々にパソコンのことで、長文を書いてみようと思います。

まず、私は多分、PCユーザーの中では特殊な部類に入るでしょう。3DCGソフト等を機軸に、すべて趣味として、PCにいろんなソフトはハードを入れて、あーだこーだと色々作る。それを、もうかれこれ15年ぐらいやってるんだけど、こういうユーザーっては未だ希少種なんじゃないかと思います。

最近、私の制作環境はPoser6なんかも入ってきて、使ってるアプリケーションの数は尋常じゃない数に達しています。貧乏だから、ところどころ廉価ソフトでしのいでますので、プロのCGクリエーターともちょっと変わってる環境でしょう。

それらが時々はトラブルを発生させながらも、ほぼ満足できるレベルで使えている…それを考えると、今使ってる、WindowsXp、及び、マイクロソフトに対して、十分満足してるし、感謝していると言っていいかと思います。

どうして感謝するまでの思いなのか…、まあ、とりあえず、コミケ向けの3DCGアニメDVD作成に使用したアプリケーションを列挙してみます。

  • Carrara 5 Pro (DAZ)… 3DCG統合ソフト。映像レンダリングは現在はすべてこれで行ってます。モデリングなども私はこれがメインです。
  • Hexagon 2 (DAZ)… モデリングソフト、バグがある、少々重いという話もありますが、私は単に、Carraraでかなり満足しちゃってるので、まだこれは使いこなしてません。
  • particle Illusion 3 (WonderTouch)… パーティクルエフェクトツール。脅威のお手軽さで、爆発、煙などが作れちゃいます。私自身、凝ったエフェクトの研究に熱心でないからこそ、逆にこれのない環境には戻れません。
  • DAZ Aiko3 / Hiro3 (DAZ) … Poser用人物フィギュア。多数の衣装、ポーズデータ等が流通している。カスタマイズ自由自在。Aiko3とHiro3は、私の理想にとても近いデザインのフィギュア。
  • Blacksmith3D Head Forge … Poserの代表的なフィギュアの顔(Aiko3等も含む)を、ランダムに変形し新しい顔を生成できるソフト。超お手軽。こんなのがあると、もうモデリングとかしたくなくなる(笑)。
  • Mimic pro 3 (DAZ) … 口パク等自動生成&表情付けソフト。音声ファイルを読み込むだけで、人物キャラクターの口パクと首から上の動きを、自動的に作ってくれます。あまりに画期的で、かつ、あまりに実用レベルに達しているソフトなので、正直驚きました。もう手放せないでしょう。
  • Media Studio Pro 6 LE (Ulead)… 動画編集ソフト。多用してます。DVDドライブのバンドル品です(笑)。これだけの機能があればほぼ十分ですが、バージョンが古すぎるので少々安定性とかに不安は感じてますが、わりと深刻なトラブルは出ていません。。音声波形編集もこれに付属のツールで作ってます。
  • PaintShopPro 9 (JASC。次のバージョンからはCorel)… ペイントソフト。3DCGでは静止画やTextureマッピング用素材作成、あと、同人誌に掲載する漫画などの作成。なんでもこれを使ってます。バグが残ってるのが悲しいですが、新しいバージョンで追加された機能に全く関心がないのでバージョンアップしてないです(笑)。gifアニメ作るときは、付属のAnimation Studioが重宝します。
  • LifeFormsStudio 3.9 (Credo) … モーションデザインソフト。その後4.0が出てますが、そこからのバージョンアップはなく、完全に枯れた感のあるソフトです。若干動作不安定ですが、4.0にバージョンアップするメリットが見出せず、3.9のまま。
    他のソフトとの連携で、めんどくさい部分もあるし、GUIがちょっと独特すぎて、実は十分には使いこなせてませんが、付属のモーションデータなどは多用しています(そのデータを加工編集するのにはこれを使いますし)
  • Poser 6 (e-frontier) … これって、どういうソフトと言ったらいいんでしょうね。重くて使いにくいソフトですが、今はこれでモーション作りもやります。
  • ACS (音楽研究所) … 自動作曲システム。最近はこれに頼ってます。
  • Cubase LE (Steinberg) … 音楽統合ソフト。Proteus Xのバンドル品。ACSなどから生成したMIDIをこれに読み込み、Proteus Xのソフトウェア音源などを使い、直接、高音質のwaveデータを生成できるソフト。おかげで、音楽作成部分で、アナログ機材を使用する作業が不要になりました。
  • Proteus X (Emu, Creative Media)… 夢のソフトウェアシンセサイザ。音源ボードとしてEmu0404を使用した激安パッケージ。すごく音がいいので、今は3DCG作品のBGMの音はこれを使います。付属の音色データが充実しています。
  • 一太郎 (ジャストシステム)… 3DCG作品のパッケージ原稿作りにこれを使います。同人誌等の文章部分もこれを使って作成。
  • MorphVOX Pro … 男性の声を女性の声に変換します。女性声優の代用として利用(笑)。
  • TMPGEnc Plus 2.5 (ペガサス)… MPEG2エンコーダ。
  • MyDVD4 (Sonic) … DVD Video オーサリングソフト。これもバンドル品なので機能に乏しいので、頒布もする立場上、本当はちゃんとしたのが欲しいとこですが、実はこれで十分かもしれません(笑)。
  • B's Recorder Gold8 (B.H.A.) … DVD-Rの複製(別のPCで複製作業を行っている)

これら、会社もてんでバラバラな、ハードウェアバンドル品を含め、概ね安価なソフトばかりを組み合わせちゃっても、それらを連携させれば、ちゃんとモノが出来る。そこが今のWindows環境の凄みです。他では絶対真似できません。

私のPCはPentium4 3GHz搭載機です。今となっては大して性能も高い方ではありませんし、ベアボーンを使ってるので安く済んでいます(マザボが故障したので、少しましなものに交換されてるけど)。ビデオカードなんか、なんと玄人志向のGeForceFX5200系ボードです。

そんな私が、西川和久氏のWindows Vistaに対しての考え「Windows Vistaを好きになれない理由」を読んでどう思うかというと、

WindowsVistaなんて今のところほとんど関心がない。OSのGUI周辺が良くなったって、私の持ってるソフトのGUIはそれぞれ自分勝手にデザインされてるのでさほど意味ないし。
だけど、マイクロソフトが生き残って、現在の膨大なソフト資源を有するWindowsを生き延びさせてくれるなら、何をやってくれてもかまわない。Xpが当初思ったほど悪いOSとはならなかったから、Vistaにも悲観していない。劇的に改善されていないのはむしろありがたい(そもそも、私は未だにXpをクラシックGUIで使っている。笑)。

そんなとこです。

ところで、なぜ3DCGとかをメインに使っている私がビデオボードを、超安価な5200FXにしてるかというと…

使ってるマイクロATXベアボーンの電源がしょぼい、だが静か。ビデオカードをアップグレードしたら、電源も替えなきゃなんない気がする。うるさくなる。色々金もかかる。そこまでして、今はビデオカードを変えるほどのメリットはない。

そんな理由です。

そんな私ですから、マイクロソフトは、極端な話、今のPC環境の維持(スムーズな移行も含め)と、安価なソフトハードを調達できる世界の維持という最低限のことだけができていれば十分だと思っています。

Vistaの出来がいいか悪いかなど、極端な話、どうでもよいんです。ユーザーニーズ不在の部分が多々あっても、そういう商品を出して、(消費者の購買意欲をそこそこ煽って)ちゃんと商売して会社を維持してくれるなら、大いに結構。そう思っています。

私も、いずれ、周囲の変化や、自分のやりたいことの変化を見ながら、少しずつハード、ソフトを切り替えて、Vistaに移っていくでしょう。

私のWindowsベースでの3DCG制作は、実質はWindows NT4.0あたりから始まりました(Windows3.0からのユーザーですが、当初はAmigaを使っていた)。その当時とXpと比べても、本質的にはあまり変わっていません。しかし、出来る仕事のバリエーションはすさまじく広がりました。昔は、S-VHSビデオテープに録画するとか、めんどーなことしてたのが、今は国内メーカー品でも1枚あたり50円もしないコンパクトなDVD-Rメディアをベースに、自分の映像作品を制作できるようになってるんですから。複製もあっという間なので、20枚程度作って、コミケで頒布するということが、実に手軽にできます。

もう、今のPCユーザーの多くは現状で満足しているかもしれません。でも、私はまだまだWindows環境の充実や画期的ソフトの出現を期待しています。

Vistaがデファクトスタンダードになった頃、私に与えられた可能性はさらに広がっているかもしれません。

いい加減に、私自身の確たる成果が必要な時期だと思いますが、いや、もう、15年もサボってるとそんなの気にしてもしょうがないかもしれません(ひらきなおるなよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »