« SA1FキートップをUSキーに交換 | トップページ | 自分に残された時間は僅かなのか? »

2007.06.10

デジカメが壊れ、EXEMODEに手を出して

さて、SA1Fの話ばかり書いてたのだが、接写とかしてる時に気づいたが、長年愛用していたデジカメのカシオQV-2900UXが壊れてしまっていたことに気づいた。

ズーム操作の部分がちゃんと動かない。多分部品が物理的に壊れてるっぽい。

まあ、全然動かないわけじゃないし、準引退扱いにしようかと思う。

QV-2900UXは、ズームが非常に実用的で、しかも回転レンズなのがすばらしいのだが。
そういえば同じカシオからレンズのでかくない光学7倍ズーム搭載機なんてのが出てましたな。

ところで、別にQVが壊れたからというわけでもなかったのだが、最近、デジカメの類をなんとなく物色していた。

そんな中、とりあえずデジタルビデオカメラ風なものを体験してみたいという誘惑に駆られ、EXEMODE DV-572という超安物を入手してしまった。これデジカメとしての使用も想定してはいるものの、その部分では、話にならないって感じ。
509万画素などと謳ってるが、このレンズじゃ、その画素数を生かすようにしゃっきり撮影することなんて、事実上できないと違いますかね?(笑)
画素数の低いQV-2900UXのようがよっぽどいい。
(QV-2900UXってのは、どちらかというと解像度感とかはそんなに良くないんだよ。それなのにさ。笑)

もちろん接写も全然出来ない。
(でも、実は、100円ショップで手に入れた拡大鏡と組み合わせれば済むのだが。笑)

しかし、デジタルビデオカメラとしては結構面白いかもしれない。わりと長時間録画できるし。
当然、画質はびみょーだけど、まあ、でも撮影条件さえよければ(笑)、極端に酷いってこともないので。
(昔の8mmビデオとかの時代を知ってるとねえ。笑)

Windows PCとUSB接続するとそのままカメラデバイスとして機能するなど(つまり、Webカメラとして使える)、PCとの連携を考えた部分の作り方は非常に素直。
付属ソフトも意外とまとも(無名ソフトなのに、日本語化とかちゃんとやれてる)。
単3乾電池使用というのも使いやすいし、電池の持ちが結構良い。

とにかく、私の場合、ビデオカメラなど持っても、暇ないし、本格的なことなどやる気にならないだろうから、安いもので感覚だけ楽しんだ方がいいという考え方でいいのではないかと。
ただ、最近、デジカメに録画機能があるものも多く、そーゆータイプのまずまずしっかりしたものに手を出した方がよかったかもね。

まあ、デジカメの件は、ちょっと様子見。

|

« SA1FキートップをUSキーに交換 | トップページ | 自分に残された時間は僅かなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15312/15385197

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメが壊れ、EXEMODEに手を出して:

« SA1FキートップをUSキーに交換 | トップページ | 自分に残された時間は僅かなのか? »