« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月

2007.06.29

もう一つのコミケ準備

本当はWork in Progressの方に書くネタなのかもしれないが、告知もこっちのブログで書いたから、その続きもこっちで書きます。

サークルあんあん戦隊の同人誌、今回はカブトボーグなわけですが、毎度のことながら、進捗は芳しくないです。今、まだネームを書いてる最中。ネタ的にはそろそろ固まってきたかなあとは思うけど、そもそも、漫画描くのが得意でもないので、ちょっとしんどくなりそうな気も。

で、その漫画だけじゃ、あんまり大したページにもならない気もするけど、まあ、どうなるかは体調次第ってとこかと思います。

面白い内容になるかどうかもちょっと自分では見当もつきませんな。自分が面白いと思ったとしても他人がどう思うかは別の話だし。アニメの方があんな具合なもんで、それのパロディなんて、どーやっていいものか難しい面もあるかもしれないけど、まあ、私向きかもしれない。そもそもあんまりオーソドックスなもの描けない質(たち)だし。

それから、本来同時進行すべきな、3DCGの方は進んでません。本当にお茶を濁すことになるか、いっそ、今回は落とすか、迷ってる最中。
まあ、そっちのネタはWorks in Progressのブログに書くべきだよな。あんまりへっぽこだったら無償配布という手もありますな。とにかくどーなるか決まってません。

体調の方は、気象状態が大変に悪く、苦しんでいますが、最近発生した不調、診察によりその原因の一端は見えたようなので、その対策もはじめております。あれが治れば、こっちが悪くなるという繰り返しで、とにかく、ひとつひとつに丁寧に対処していくしかありませんが、まあ、多様なので、かなり挫け気味です。

それにしても、このところ、アニメがいろいろ面白いですなあ。つまんないアニメばかりだと、観なくなって時間ができるので、作品制作に集中できるのですが、一方で、創作意欲というものがなくなってしまう問題があります。どーも、面白いアニメ観てないと、なにかやろうという気が起きない。困ったもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.23

SRDのアレが

数日前、サンセイR&DのCR超絶合体SRD(注意! リンク先は音が鳴ります)のアンケートに答えた。

抽選でDVDやグッズ、パンフやらのプレゼントがあるという。そういえば、三橋加奈子さんを今後も宜しくと、メーカーにメッセージを送りたかったし、ちょうどいい。
DVDはぜひ欲しいなと思ってたし。

で、今日、なんか届いた。
サンセイR&Dとあるから、プレゼントに当たったのだろうと思ったのだが(事前に当選通知メールがあったし)、

ちょっと待て。

Whatis

異常にでかくないか?
しかも結構重い。額入りポスター? そんな話だっけ。

ってことでデジカメ用意して、開封する。

Srd_set

ダーツだったのか! SRDのロゴが入ってる!

公式サイトを見ると、確かに、3名にロゴ付ダーツがあたると書いてあった。ごめんなさい、そんなとこ全然見てませんでした(笑)。

そもそも、当選の通知が来るまで、グッズ等がセットで当たるとさえ思ってませんでした(笑)。

写真の通り、ぜひぜひと欲しかったDVDの他にも、立派な設定資料集やら、グッズやら、新作CR義経物語の立派な設定資料集までも大量に入ってました。

いやあ、びっくりした。サンセイR&Dさん本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.20

自分に残された時間は僅かなのか?

この時期のおきまりとなっている体調不良が続いてます。
歳を追うごとに、症状が悪化しているのは、多分、加齢による体力低下だと思います。

安静にしたところで、長期的には治るわけでもなく、倒れそうになった時は、倒れる前に横になり、調子が戻れば、その日でもすっくと立ち上がり、普通に活動。
そんな日々を続けることが正しい気がしてきました。本質的には、体鍛えなきゃなんない体なんだし。

それと、体調不良の症状は年々ひどくなってきて、できないことがさらにできなくなってきている気がするので、もう今以上にさらになりふり構わず、あれもこれもと欲を出すしかないのではないかと思えてきました。
いろんな人にいっぱい迷惑かけてる気がしますが。

別件ですが、閉ざされるドアなど見てることしかできないなら、見てても仕方ないのではないかと思えてきました。
今日、ほとんど結論まで書きあげたメールを消しました。きっとこのメールはぬかに釘。書いてるうちにそう思いやめました。

そんなわけで、まあ、あれやこれやをはじめております。頼りになるのはいつもテクノロジー、意欲をかきたてるのは面白いアニメ番組、そんな日々が、ナニでアレです。

まずは、コミケが近づいているのでとっとと同人誌のネームを書きたいと思います。パソコンで描けると理想的ですが、まだそこまでの域には達していません。間に合うのかわかりません…ということはいつも書いてる気がします。体調さえ持ちこたえてくれれば、過去の経験から間に合うはずなのですが、体調がかなりダメです。

ところで、最近のアニメは面白いですね。中でも電脳コイルが面白すぎです。主役のあの頼りなさげな目がたまりません。桑島女王が神の演技です。

電脳コイルの作品自体は、私の未来に作りたいと思ってた作品(現在、手をつけているのとは別のもの)世界と、かなりネタがかぶっててショックです。まあ、でも、私が別に似たものやってもバチは当たらないでしょう。どうせそうそう作られる系統のアニメじゃありませんし。その前に私がそれを作る制作時間などないのかもしれません。

ともかく電脳コイルが面白いことには変わりありません。

カブトボーグ、安定して、すっとばしてます。同人誌に何描いていいのかさっぱりわかりません(笑)。
のだめカンタービレ、ごくたまに観た一話だけでも面白すぎです。一気観しないとと思っています。

プリキュア5、まあ、予想の範囲内かもしれないけど、やっぱキャラ多いとおもろいです。マスコミカがかわいくて俺を殺す気か、です。どうして俺のストライクゾーンのキャラがこうもたやすくアニメに出るのでしょうか。これが社会のニーズですか? そうなんですか?

ひとひら、樹元オリエ声な麦ちゃんかわいすぎます。樹元オリエ、この人はこれから伸びますよ。ええ絶対!
瀬戸の花嫁、面白すぎます。巡ちゃん可愛すぎて殺す気かです。
デルトラ、面白すぎます。ジャスミンは犯罪的な可愛さです。それに、バルダがすばらしすぎます。俺のおかげでもあるです。
パワパフZ、びっくり回が多くて油断できませんし、メガ可愛すぎです。
メジャー、清水を出せ清水を!

アニメの本数は増えてますが、おもしろさの平均はむしろ上がってる気がします。もうキャパなんかとうに越えてます。

深夜アニメを追うのは大変なので、AT-X使って追ってるアニメも増えてきました。もうなりふり構わずです。

生きている中での、自分の感じる面白さのダイナミックレンジが拡がってきている気がします。面白いものはとことん面白い。そうでないものは…。

私の我慢の限界はどこにあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

デジカメが壊れ、EXEMODEに手を出して

さて、SA1Fの話ばかり書いてたのだが、接写とかしてる時に気づいたが、長年愛用していたデジカメのカシオQV-2900UXが壊れてしまっていたことに気づいた。

ズーム操作の部分がちゃんと動かない。多分部品が物理的に壊れてるっぽい。

まあ、全然動かないわけじゃないし、準引退扱いにしようかと思う。

QV-2900UXは、ズームが非常に実用的で、しかも回転レンズなのがすばらしいのだが。
そういえば同じカシオからレンズのでかくない光学7倍ズーム搭載機なんてのが出てましたな。

ところで、別にQVが壊れたからというわけでもなかったのだが、最近、デジカメの類をなんとなく物色していた。

そんな中、とりあえずデジタルビデオカメラ風なものを体験してみたいという誘惑に駆られ、EXEMODE DV-572という超安物を入手してしまった。これデジカメとしての使用も想定してはいるものの、その部分では、話にならないって感じ。
509万画素などと謳ってるが、このレンズじゃ、その画素数を生かすようにしゃっきり撮影することなんて、事実上できないと違いますかね?(笑)
画素数の低いQV-2900UXのようがよっぽどいい。
(QV-2900UXってのは、どちらかというと解像度感とかはそんなに良くないんだよ。それなのにさ。笑)

もちろん接写も全然出来ない。
(でも、実は、100円ショップで手に入れた拡大鏡と組み合わせれば済むのだが。笑)

しかし、デジタルビデオカメラとしては結構面白いかもしれない。わりと長時間録画できるし。
当然、画質はびみょーだけど、まあ、でも撮影条件さえよければ(笑)、極端に酷いってこともないので。
(昔の8mmビデオとかの時代を知ってるとねえ。笑)

Windows PCとUSB接続するとそのままカメラデバイスとして機能するなど(つまり、Webカメラとして使える)、PCとの連携を考えた部分の作り方は非常に素直。
付属ソフトも意外とまとも(無名ソフトなのに、日本語化とかちゃんとやれてる)。
単3乾電池使用というのも使いやすいし、電池の持ちが結構良い。

とにかく、私の場合、ビデオカメラなど持っても、暇ないし、本格的なことなどやる気にならないだろうから、安いもので感覚だけ楽しんだ方がいいという考え方でいいのではないかと。
ただ、最近、デジカメに録画機能があるものも多く、そーゆータイプのまずまずしっかりしたものに手を出した方がよかったかもね。

まあ、デジカメの件は、ちょっと様子見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.09

SA1FキートップをUSキーに交換

先日書いた ままなってる日々: モバイルPCを購入の件だが、あとで調べていくと、パンタグラフ方式の英語配列キーボードは、とっくの昔に出ていた(笑)。

MC Industriesというメーカーの型式KB-8571(JME-8571)。

しかも、これ現物を大須で見つけてしまった。こりゃ買うしかないなって感じで、買って調べると、パンタグラフ構造とかが、どう見てもほとんどSA1Fと一緒。
あとはもうやるのみという感じになってしまって…

Sa1fus77key


あああ、やっちゃったよ(笑)。

キートップデザインとか微妙に違うので、できるだけ入れ替えてみたかったが、結局、日本語キートップもいくつか残すことにしたので、SA1F似非英語モデルにはなってない。
まあ、それは目的ではなかったし(笑)。

ちなみにキートップ交換後もタイピングの微妙な悪さは改善されないので、どうせSA1F純正パーツじゃないからと、タッチの悪いキートップの裏側に瞬間接着剤を流し込んだり、ちょっとだけ調整。
(ネジを入れるという方法もあるそうだけど、キータッチ改善に興味ある人は自分で調べてね)

これで配列にほぼ不満もなく、見かけも不完全ながらもUS配列チックな俺SA1Fが完成。

ちなみにこのブログは別のCore2Duo機で書いてる。
SA1Fだけで画像埋め込んだりするのはかなりめんどくさくて(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.06.04

夏コミ当選したのでカブトボーグ本など出します

夏コミ、当選しました。なにやら落選率が下がってるようですな。

毎度のごとくの体調不良などで全然はかどっておりませんが、
予定では、人造昆虫カブトボーグの本を出します。ギャグ漫画と解説。

うちは、近年は同人ソフトでジャンルとっており(自作3DCG映像系がメインなんで)、今回もやっぱり同人ソフトなんですが、今年はアニメ(その他)と日が重なってるので来る人も多いかも。プリンタで制作する手作りモノなので、多分、30部程度ぐらい持って行きます。(いつもよりちょっと多め)

あと、3DCG関連で何か出します。一応、うちのサークルはこちらがメインですし。

映像制作環境自体は、ほぼ文句なしの状況になってますが、このところ毎年のように体調を崩したり、その他色々あったりで、時間的な余裕があいかわらずないので、現状の進捗を見る限り、今回も大した物は出せないと思います。ごめんなさい。

たぶん、今回もいやーんみたいなシリーズでしょう。他のブログで紹介しているニューバージョンのユリカを使用したりした3DCGアニメーションDVDを頒布することになると思います。

日時、場所は
金曜日 東地区 "オ"ブロック-12a (東3ホール)
サークル名「あんあん戦隊」
です。

急遽参加不能に陥る可能性はあります。その際はご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

モバイルPCを購入

日頃、ノートPCとして利用しているThinkPad T22英語キーボード版、中古購入にもかかわらず
相変わらず調子よく動いているのだが、難点はやはり大きすぎる、重すぎること。
以前に使用していたカシオペアA60のような軽いものが欲しいと思っていたが、
そこそこの作業ができるものは、高価なものが多く手がだせずにいた。

ところが、去年から工人舎という会社が出しているSA1Fシリーズが、Xp搭載機なのに、比較的安価で大きさも手頃で気になっていた。

日本語配列だというのが不満ではあったが、まさにこういうスペックのものが欲しかったので、ついに手を出してしまった。MicrosoftOfficeはいらない。タッチパッドはやっぱり欲しい、ハードディスク容量はそこそこあればよい、となると、おのずと購入機種は決まった。

日本語配列の問題は、とりあえず、レジストリーをいじり、英語キーボードドライバに入れ替えてみると、
77キー特殊配列の部分でいろいろ問題発生。そこで、猫まねきというソフトを見つけ、手元にあるOWLTECKのこれも77キーの小型英語キーボードの配列を参考にしつつ、対処して解決。

混乱を防ぐため、77キーの黒キーボード配列画像を印刷したものに両面テープを貼り付け、シールを作り貼り付けた。

SA1Fシリーズはキーを打ちもらしやすいという重大な欠点があるが、それでも、なかなか使いやすいモバイルノートにカスタマイズできた。

これで通勤時間を使いブログを書くなどできるようになるかもしれないが、多分、主要な用途はどこかにでかけた時にもちあるくということになるだろうと思う。以前はカシオペアA60で小説もどきを書いたりもしたが、そういう習慣は復活するかどうか……。

そんなわけでさっそく文章を書いたが、やっぱ左右端のキーを打ちもらしやすい。
ハードウェア的に改造する手段もあるようだが避けたいな。

先ほど言及したOWLTECHの小型キーボードはサイズはほとんど同じだが、構造が違うのでパーツ交換として
使えないが、このPCと同じくパンタグラフタイプの英語配列キーボードも発売された模様。
もしかしたらそれを交換部品として使うことができるかもしれない。それに期待するかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »