きになる声優ブログ

2009.03.13

樹元オリエ

この記事は、毎回、一人の声優さんについて個人的な感想を書いていくシリーズです。詳しくは、他の、きになる声優ブログタグの付いた記事でもご覧ください。

さて、相変わらず更新頻度が少ないまま。気がついたら年が明けてしまった。サクサク紹介していかないと、どんどん感想を書く予定の声優がたまってしまいそうで困る。

(実は今回の記事は去年の6月に書いたのだが、一部情報確認のために、公開保留にしたまま、うっかり、時間が経ってしまった。苦笑)

さて、今回は樹元オリエ。舞台役者活動もあってか、声優としての活躍はやや少なめな感じ。どちらを主軸にしていくのかは、難しいところなのかも。

代表作品というと、やっぱり、プリキュアSplashStarの日向咲/キュアブルーム/キュアブライト。先代プリキュアシリーズがヒットしすぎたので、結果的にはちょっとマイナスイメージもあるかもしれないが、前作のブラックより、ちょっと子供っぽい感じを強調した感のあるキャラを、樹元自身は手堅い演技力でこなしたと思う。そういえば、声質は本名陽子と似てるので、その辺りで選ばれたのかな。

なぎさのようなアクティブなお姉さん的かっこよさが足りず、のぞみのようなアホの子でもない点が、SplashStarの人気がいまひとつだった理由かな。よくわからないが。

最近、キュアプルーム役で、Yes!プリキュアGoGoのミュージカルショウ(着ぐるみキャラショウ)に出演したのを確認した。プリキュアキャラクター総出演の劇場版にも登場する。

そして、もう一つの主役としての出演は、「ひとひら」の麻井麦。喋り下手という設定だったこともあり、非常に難しい役だったと思うが、引っ込み思案なキャラだというのに、生き生きしたいい演技だった。

元気いっぱいの咲とは一転したキャラだったが、ちょっとどこかしらどんくさい系の声の雰囲気がこちらでもはっきり確認できて、いかにも樹元オリエらしさが出てて良かった。

正直、麦ちゃんかわいすぎて俺を殺す気かである。とっとと、アニメの続編作れとか言いたいとこなのであるが、さてどうなのか。

それから、ながされて藍蘭島で、しのぶ役で結構活躍している。

他の出演としては、人造昆虫カブトボーグVxVのノリミ。ちょっと性格きつめのキャラで、前の二つと比べると随分印象が違う演技だが、どんくさ風味のイメージの強い樹元は、こういったキャラでも問題なくこなしていることがわかる。

そういえば、ネオアンジェリークにも出てるということなんだけど、見てないんだよなあ。

その他、ちょっとずつアニメ出演はあるようなのだが、もっと活躍して欲しい声優さんなのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.04

佐藤利奈

この記事は、毎回、一人の声優さんについて個人的な感想を書いていくシリーズです。詳しくは、他の、きになる声優ブログタグの付いた記事でもご覧ください。

この雑文シリーズ、二回目で早くも、異常な更新遅れになってしまいました。先が思いやられます。

ちなみに誰にするかで迷っていたわけではありません。私自身に、継続的にこの手の文章を書くという習慣が失われていることが問題なようです。大体、この記事を書き始めたのは5月1日頃だったんですが、気が付いたら一ヶ月経ってます。その間に色々あったのも事実ですが…。

これはなんとかしないといけません。昔のお馬鹿な私に戻れる日は来るのでしょうか? とりあえず気合いを入れてみるか。

あんあんあん!安藤優梨の暗黒暗殺拳!(この文に特に意味はない)

前置きはともかく、さて、第二回は、佐藤利奈を取り上げることにしました。彼女のデビューはごく最近というわけではありませんが、多くの佐藤利奈ファンの皆さん同様、私も彼女に注目するようになったのは最近です。

最初に佐藤利奈の声を聞いたのは、おそらく、私もネギまなのでしょう。でも、ぶっちゃけた話、ネギまはほんのわずかしか見ていませんでした。したがって、ネギ役としての佐藤利奈ってのがどうだったか、未だにほとんど知らなかったりします(苦笑)。

そんなふつつかな私ではありますが、彼女の名前を心に刻まざるを得なくした作品をある日、視聴したのです。

ええ、忘れもしないあの「大魔法峠」です。

このアニメはどのような作品であるかは、割愛しましょう。なんというか、大雑把に言うと「撲殺天使ドクロちゃん」と双璧をなすアニメです(←そういう大雑把をするなよ)。いわゆる東芝インチキ魔法少女シリーズのうちの一作ですが、本作が最も究極だと私は思っております。

とにかく、田中ぷにえの魂と完全一体化したその演技に、私は心撃たれたのでした。そして、この声優さん、演じ分けが器用だなぁと感心したのです。

軽やかわいい声と、バトルシーンでの猛々しい声のそのギャップが凄すぎて。

この作品の発表により、業界もようやくこの声優の逸材ぶりに気づいたのかもしれません。

その後、みなみけでは、長女春香役、バンブーブレードでは、どじっこ属性搭載の眼鏡少女の東聡莉を演じさせて、佐藤利奈の快進撃がここに始まった、という感じがしましたが、実はその後の状況が問題なのです。

最近の出演作を見てみましょう。

まず、ネットゴーストPIPOPAでは確かに主役級です。少年役というのは目をつぶるとしても、Yes!プリキュア5GoGoと衝突してることがかなり致命的です。

考えてもみてください。東聡莉にどっぷりハマってる人間が、プリキュア5の増子美香をチェックしてないわけがないじゃないですか!
さとりんにハマった人は、同時に、毎週日曜朝には、増子美香が登場するのを一日千秋の思いで待っているのです。君もそうでしょう?

とにかく、次行きましょう。狂乱家族日記は、なんとくらげです。人の声で登場する回もあり、さとりならしい活躍を見せる回もありますが、全般的には多いわけではなく、これも少々厳しいものがあります。

そして、絶対可憐チルドレン。ここでは受付嬢です。毎週登場させるということがおやくそくになっているようです。

これはハヤテのごとくの際のハム(西沢歩、声:高橋美佳子、のこと)と類似の扱いになるわけですが、なんと言っても西沢歩は普通の人という位置づけだったわりには、ストーリーに絡む出演の回も多く、演技の起伏も多く、要するに美味しい役(いや私が言いたいのはそういう意味じゃなくて。笑)でした。ぱよファンは大満足だったことでしょう。

ですが、一方の絶チルの受付嬢、野分ほたるは、要するに、荒っぽくいえば、「感情起伏の少ない春香姉さん」みたいな演技でして、ファンとしてはとても満足できるものとは言えないです。

起伏激しい演技こそ佐藤利奈の真骨頂。天国と地獄を瞬時にさまよってこその佐藤利奈なのです!

あと、二十面相の娘に主軸キャラで出てますが、これについては、私はあんまり観てないので現状でコメントできないですごめんなさい(苦笑)。

とにかく、全国のさとりなファンとしては、現状はかなり欲求不満な状況が続いているわけです。
もっと、佐藤利奈を出せ!あーんな演技や、こーんな演技をさせろ!、というファンの悲鳴やつぶやきや念仏が、地獄の底から聞こえてきます。

関係者ははやくなんとかしてください。

さて、ようやく、久々にこのコーナーの記事を書きあげることができましたが、ごく一部の方、いかがだったでしょうか。

さて、次回はどうなるかなあ。結果的に今回も長文気味だったけど、そんなに声優一人の話で、長文を書くことはできない気がするが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.04.14

仙台エリ

この記事は、毎回、一人の声優さんについて個人的な感想を書いていくシリーズです。詳しくは、他の、きになる声優ブログタグの付いた記事でもご覧ください。

さて、第一回は、少し悩んだ結果、とりあえず、今、もっともいろいろ書きやすい「仙台エリさん」(以下敬称略)にしました。当面は、ネタが書きやすい人を優先してピックアップしていくと思います。

仙台エリというと南海奇星(ネオランガ)の島原夕姫役がデビューのようですが、もう随分前になりますね。当時は高校生だったとか。ネオランガは熱心に見てたアニメってわけではありませんが、そこそこ観てました。三姉妹の一番下。

新人だと思われるのに手堅い演技をするというのが第一印象でした。イメージ的には、デビュー当時の野上ゆかな(現在の芸名はゆかな)みたいな、ちょっと性格キツい系っぽいの人なのかな(さりげなくなにか書いてしまってる気がしますが忘れてください)と勝手に想像してました(が、数年後になって写真とかブログとか見て、そういうイメージは全く消えました。笑)。島原夕姫自体は、キャラとしてはクールという印象以外は薄かったです。

仙台エリの存在を強く意識したのは、その後の続く、メダロットの甘酒アリカ役です。

基本的には、気が強い、自己主張も強い、正直、いつも口やかましくてちょっとうざい系、やることはちゃんとやる、そういう意味ではとっても責任感があって、生真面目な性格、今で言うツンデレというのとは違う、断じて男にデレデレしたりしないのだよエリちゃんは!…そういうキャライメージが、仙台エリの演じるアリカにはありました。

現在でも、声優仙台エリの根幹から、そういうのイメージが消えることはありませんね。旧作の方のガンスリンガーガール、トリエラ役では、思春期少女のイライラした感情の表現などで、キャラに広がりが見られましたが、やっぱ、生真面目さや、自己主張の強さ、などがくっきりとキャラに滲み出してきてました。本当に個性的な声優です。

で、私が代表作と推すのは、ロケットガールの森田ゆかりですね。正直、この役は、ほんと、仙台エリしか考えられないなと思います。スカイガールズで主役のみかん(←違うだろ)を演じた川澄綾子なんかも無難に演じそうではありますが、わかる人にはわかると思うけど、なんか違うでしょ。

マジ切れして、足バタバタさせたりして、暴れる時とか、やっぱこーゆーのは、仙台エリじゃなくちゃだめ!とかもう強く主張したいわけですよ。

さて、そんな仙台エリも、プリキュア5のミルク役(発明BOYカニパンのミルクとキャラ名同じなのはMMV的にどうなのかと思うんだが…)はちょっと演じにくかったんじゃないかと思いますな。今までの仙台エリキャラは、いざという時にはちゃんとやってくれるってとこがあったんですが、ミルクは正直シリーズの中でほとんど役立ってなかった。

そういうキャラを、イライラ演技に定評のある仙台が演じちゃうと、単なるむかつくぬいぐるみでしかない(笑)。子供にはそこそこ人気があったかもしれないけど、普通の標準的なアニオタからすれば「ミルク氏ね」とかなっちゃうわけですよ(←おいおい)。

まあ、それがミルキーロ…以下略(←ちいさなおともだちへのはいりょ)。

とにかく、まあ、本当に楽しみですな。

そういえばウエルベールの全裸妖精(おいおい)役なども、演じていますが(ここでも竹内順子と共演か、本当に縁があるなあ。笑)、ミルクとほとんどおんなじなのはどうしたものかと、ミルクの怒ってない時=シェリーって感じで。

その辺りに課題が残るのか、そもそも、ウエルベールの物語自体に、キャラ描写とか展開の強引さ等の問題があるためなのか、なんで二期とか…ごほげほ、ま、えっと、その辺りの意見は濁しておくことにしましょう。

歌唱力については、甘酒アリカの時は、一時はどうなるかと(いやええと、別にどうもなってないですけどね)思いましたが、ガンスリンガーガールのCDでのトリエラの歌唱は、安定してましたね(関係筋の問題もあり、あのCDの内容についてはどうなのよ、などの意見についてはここでは割愛しておきますが)。

さて、最後に独断と偏見で、ちょっと雰囲気の近いと感じる声優を上げておきましょう。最近デビューした伊藤かな恵(しゅごキャラの日奈森あむ役などで活躍)ですが、そのクールアンドスパイシーな雰囲気とか、生真面目なところとか、結構、仙台エリと近い傾向してると感じます。まあ声質というより、演じるキャラの雰囲気とかですけどね。

ってことでまあ、第一回は結構長文になった気がしますが、いつもこうはいかないでしょう。次回はさて誰にしましょうかね。

ああ、そういえば、仙台エリといえば、「ピノッキオ。」という舞台に出演したことがあって、一公演は、三橋加奈子も一回ゲスト出演してたんですが、あれは行っとくべきだったなあと、あとあと深く後悔しております。

できれば、ミルキーロー(以下略)のコスチューム姿で、キュアババア(じゃなかったアクア)とか他の声優さんも一緒に、アクションする舞台とかやってくれませんかね。え? 無理ですか、そうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きになる声優ブログ余談

さて、最優先どころかさっそく忘れかけてる声優ブログの件ですが、第一弾は誰にしようかいろいろ考えてたところ、まあ、候補はいくらでも挙がるものの、そもそも、ネタが書きにくい声優、書きやすい声優があることがはっきりしてきました。

そのことについてだけでも色々書けそうなので書いてみます。

まず、どんな声優を候補に上げやすいかを列挙してみます。

  1. 人気が極端に高くない
  2. 知名度がそれほど高くない
  3. 出演作品がそこそこ多い
  4. 私がその代表作を見てる声優
  5. 個性、話題性のある声優

ざっとこんなとこでしょうか。さて、それぞれ、理由を一つずつ書いていくことにします。

まず、人気度、知名度について。これは簡単です。人気がある声優は、みんなが語っちゃってる声優でもあるわけで、同じことを語ってしまうことになるから…ってとこでしょうか。でも、まあ、実際問題として、例えば、すでに50人なり、100人なり、個々の声優について、ブログ等でコメントをいろいろ書いているのであれば、有名なあの声優については、この人はどう思ってるのだろうか、と気になる人もたまには出てくるでしょうから、そういう状況になれば、書く意味も出てくる気もします。

それと人気の高すぎる声優については、ブログで書いても、埋没してしまうことが目に見えてることも大きいですね。今後、きになる声優ブログのコーナーは、声優名をタイトルにそのまま載せる予定なのですが、そうなったときに、サーチエンジン等が、どれだけ上位で拾ってくれるのか。これは大変関心のあることです。ま、そんなわけで、そんなことなども時々気にしながら、声優を選択していくことになります。

それと、あまり個人が取り上げていない声優についてはできるだけ語りたいんですが、なにしろアニメが膨大に多くちらばって放送されている昨今。私自身が全然アニメを見尽くせるわけもなく、どれだけ内容のあることを書けるかは疑問です。活躍期間が短くても、すでに、もうコアなファンがついちゃってる場合も多いですし。wikipedia等にあることを繰り返し書いたって意味ありませんし。

活躍期間が5年程度で、面白い活躍も少なくないのに、意外と取り上げられていない。そんな声優を紹介できたらいいんですけどね。うまくいくかどうか。

三番目の出演作品数については、とにかくゲームの多い人は、プレイしてないですから困っちゃいます(笑)。それと、あまりに出演作品数が少ないと、正直すぐネタに詰まってしまいますが、この声優は将来的に面白そうだ、という声優は、出演作が少なくても紹介していきたいと思います。

四番目が一番重大な問題でして、すごい気になってるんだけど、代表作を見ていないって声優、これ結構多いんですよ。こういうのは困っちゃう。「あれ観てないのに、語るのかよ」といわれたら、返す言葉がない。ま、でも、そういうこともある、ということで、その点にツッコミしようと思う人は諦めてください。出演声優でアニメ見るってのは、とっくに不可能になってるんで。

五番目。まあ、個性のないのも個性のうちなので(実は、そういう方も結構貴重で魅力的です)、そういう意味ではあまり気にする項目でもないですが、こういうキャラを演じさせたら一番だなあという声優は、何かと語りやすいですね。ですが、声優というのは往々にして多彩で、いろいろ演じ分けの器用な人も多いわけで、それは一面を見ているだけだろうとのツッコミが来る可能性もありますが、私なりの、「その人らしさ」を紹介できたら、と思います。

そんなわけで、声優を紹介する前に、まず、その方針について書いてみたんですが、なんだかクソまじめな文章に終始して面白くなかったですね。こりゃあ、まだまだリハビリが必要な気がしますな。

ですます調で書くのがよくないのかなあ。ま、少しずつ方向性を模索してみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

きになる声優ブログ(最優先事項よ!の企画)

さて、「最優先事項よ!」ということは、つまり、それは得てしてちゃんと守られることはないということですが(おいおい)、まあ、現状打開の意味もこめて、今更、ココログに書いていく企画を考えてみることにしました。

とりあえず仮題を「きになる声優ブログ」としておきます。大体、二週間おきを目処に、一人の声優について、あーだこーだ、駄文を書いていくという特に目新しさもない企画です。

その声優に関する商品のKonozamaアソシエイトリンクをつけたりして、紹介料で儲けてウハウハを狙います(リンクはつけることもあるだろうけど、実際問題、こんな辺境ブログが、そんなんで儲かるわけがないので、それは、まあネタ程度に考えてください)。

声優は女性声優に限ることになると思います。(たとえば、私にテラ子安とか、TPレディの取り巻きだった茶風林とか、邪以下略の話をされても面白くないでしょ。え、面白いカモ? いや、でも私は書く気がしないから。そういうわけで)

誰にするかは勝手に決めます。大体は、好きな声優を優先して、書くと思いますが、そうでない時もあるかもしれません。できるだけ知名度が極端に高くない人を優先するかと思います。いや、googleの上位に出てきたら恐いので、やめるかもしれません。

書いて欲しいと思った人は、希望する声優をこの記事のコメントに書いてくださってもかまいません。

なお、ゆかりんとか、くぎゅとか、ペ…川澄さんとか、能登かわいいよ能登とか、そういう超…なのは最初っから却下です。もしかして、くぎゅには、はまってるかもしれないけど却下です。

テレビバラエティでよく紹介されるような超超ベテランな声優さんに関して書くことは多分ありえません。そういう時代のアニメを見た世代の人間ではありません(←嘘つくなよ)。

そんなわけで、ほとんど却下されると思いますが、十人に一人程度は、採用されるかもしれません。

自分の原点を見つめ直すためにも、アホな内容を書きたいので、マジになって怒らないでください。恐いコメントつけないでください(笑…いごとではない昨今)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)