ニュース

2004.10.27

今回の地震に対する過熱報道の問題

yahooのニュースによれば、
なんか孤立地区に入り、自衛隊のヘリに助けてもらった報道関係者がいた模様。

テレビではほとんど(もしかして全く?)報道されていないのは大いに問題に感じる。
yahooのニュースだけでは、詳細がわからない。
マスメディア自らがこの件の真相を明らかにすべき事柄だと感じる。

今回、地震に関する報道番組や新聞記事で、NHKを含めてマスメディア各社が、様々なことを問題視している。
中でも、新幹線脱線の問題を「安全神話が崩れた」という言葉でまとめる内容がひときわ目立っている(私などは、むしろ、今回の件で、やっぱり新幹線の安全性は大したものだと感じているのだが…)。

しかし、メディアの過剰な取材合戦が被災地の人々や救助関係者に迷惑をかける問題こそ、今まで何度も繰り返されてきた「問題視すべき失敗」だ。
これらはマスメディア側が努力すれば、すぐにでも改善できる事が多いだけに、報道各社はもっと大きく取り上げるべき問題だと思う。マスメディア側が取り上げなければ、再び失敗は繰り返される。

それからもう一つ感じたこと。

例えば、ヘリの騒音など、各社の過熱した報道合戦が、恐らく今回も被災者の迷惑になっていると思われるのだけど、今のところ、2chなどで、それに関係した匿名での文章はいくつか見かけるものの、匿名故に確証がないものが多い。

Webでの個人の発言の匿名化が進んでいるため、自由な発言が増えた一方で、それらが事実かどうか確認できないものが非常に多いという点にも問題を感じる。

一人一人が匿名ではなく、自分の発言に責任を持ち、具体的な例を挙げて、マスメディアの過熱報道の弊害を訴えていくべきではないだろうか。

Web、そして、blogなどによって、一つ一つの情報を集約しやすくなった今こそ、マスメディアの過熱報道問題に立ち向かうチャンスではなかろうか。

==以下追記==

私の思ったことと関連のあるblogへのリンクを以下に追加します(とりあえずココログ系ばかり)。

ふるべの心羅万象: 新潟中越地震のマスコミ報道の話

水の星: あきれた報道記者たち

Akio-S sPARK: 本日の「新潟県中越地震」報道

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.24

台風と地震

報道を見てて思うのは、やはり、避難所の食料不足。今回は毛布の不足も深刻なようですが。
手軽に食べられるものを日頃から用意しておいた方がよさそうです。
長い停電が続くとラジオと電池も頼りになります。実際被災に遭うとテレビは観れないんですよね。

私が名古屋の水害に遭った時も結構長い間停電しました。私は携帯テレビを持っていたので少し観ることができましたが、電池を温存するためにあまり長くは観ませんでした。それにその内容もあんまり役にも立ちませんでした。
(周辺がどの程度水没してるかはよくわかったけど、だからどうだという感じで…。苦笑)

その空撮のためと思われるヘリの音がうるさくて参りました。ラジオが聞こえないくらいなんだもん(苦笑)。
今回はどうだったんでしょうね。

で、今回の地震報道でも、民放は、また過剰演出や、問題点をほじくり出そうとするようなコメント過多な内容になっていた気がしますが、なんかいやな気分になるので、NHKばかり観てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.08

NHK海老沢会長、明日参考人招致

元チーフプロデューサーの、判明しただけでも4800万円にわたる制作費の横領。
ソウル支部局長による4400万円にもわたる不正経理処理、及びその裏金流用による豪遊疑惑。

他にも、受信料の横領など、最近、NHKの不祥事が次々に発覚している。台風や地震やプロ野球合併や、ロシアのテロ事件など色々あったせいもあってか、あまり報じられていないのだが、これは重大な問題である。

昨日は、珍しく、NHKニュースでもこの件が取り上げられたが、明日9日には、衆院総務委員会で、海老沢会長の参考人招致が行われるのだけど、なんと、これをNHKは「われわれの編集権の問題だ」として生中継しないそうだ。あーあ、ビデオに録画できないじゃん。

なお、NHKが生中継しないため、東京のUHF局、MXテレビが、急遽生中継を行うことになったそうだ。MXテレビの判断は素晴らしいけど、地方では観れないわけで…。
ま、どうやら、インターネット配信でも観れそうな感じではあるが…。

さて、明日の様子は各局どう報じるか…。なんだかあまり大きく取り上げないかもしれないな。

生中継を行わないというNHKは、今までで最も呆れ果てる対応。どの面さげて、今後、他の参考人招致を生放送するつもりか。

今、NHKが本当にやばい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.15

BRC(BPO)は機能しているのか(テレビ朝日にBRCが勧告)

ちょっと前にもNHKのニュースで報じられていたのは観たけど、
ようやく、BPOの公式サイトに、テレビ朝日「TVタックル」の国会・不規則発言編集問題の詳細が掲載された。

実はこの件が気になって、こないだ、一応、いつもはあまり観ないTVタックルを観たんだけど、この件を、取り上げてたのかわからなかった。ハマコーが議論に常に割り込み、議員に落ち着いて議論をさせない非常に痛々しい番組だったので、最後まで観ていられなかった。他にも色々やりたいことあるし。
とにかく大きな扱いをしなかったのは確かな模様。

ところで、ネット発 声を挙げよう経由で知ったのだけど、ちょうどマス倫懇シンポというものがあったそうだ(東京新聞サイトの記事を参照)。

この記事を観る限りでは、今回、テレビ朝日にBRCが勧告をした件すら取り上げてないようで(東京新聞が記事にしなかった可能性もあるが)、そうだとしたら、まー、ほんと呆れかえる限り。

実は、テレビ朝日は、前にもBRCに勧告を受けてるけど、
この件も、ほとんど、誰も知らないでしょう。

今回のBRCの決定では、

何故にかかる事態を招来したかについてその原因を究明し、視聴者に説明する責任があり、かつ、今後このような誤りを繰り返さないための改善措置として必要な社内体制の整備をする必要がある。

などと書いてあるけど、この説明、テレビ朝日はいつする(いつした)んだろうかね。全然情報が得られないんですけど、誰か知ってたら教えてください。

そもそも、BPOってマスメディアにとって一体何ですか。こんなことで自浄能力があると言えますか。

ちょうど、今日、NHKニュースでダイオキシン報道問題の裁判でテレビ朝日が和解に応じた、なんて報道もありました。
いい機会です。小泉さんばかりつついてないで、本腰入れて取り上げませんか>テレビ朝日さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

女児殺害事件報道に思う

こういうネタは、今までは、間違いだらけの日々思ったことに書いてたけど、こちらの方が拾われやすい気がするので、これからはこちらにも書くことにします。

とにかく、私が言いたいのはマスメディアが騒ぎ過ぎな事。
特異な事件だから、大きく扱っているだけで、一件発生したこの事件で、これほど大袈裟に騒ぐ必要があるだろうか。

NHKですら、専門家の声として、インターネットの持つ特有性がもたらした問題などと、もっともらしいコメントを報じているけど、インターネットが普及しているこの世の中。殺人のきっかけがそんなことも時にはあるでしょうに。

まるで日本の子供達がこうなっていくような恐怖感を与える報道こそ厳に慎むべき。以前に同じ長崎で事件が起きたことと重ね合わせるのも大いに問題。

それより、今の日本の年間自殺件数をみなさんは知っているだろうか?
今や何と三万人を越えるそうである。ニュースバリューのある一人の特異な死の報道に、膨大な時間や人をつぎ込むより、地味な弱い人間達の死について、もっと注目すべきではないだろうか。

こないだNHK教育で放送されていた(今日、ちょうど午後から再放送がある模様)「福祉ネットワーク」で東尋坊で自殺の防止に取り組む人達の様子が紹介されていた。ここには、日によっては未遂も含め、3人とか4人とかの人が自殺しようと訪れるそうだ。この事こそ、まさに異常だ。

今回の過熱報道で、非難や注目が集中するであろう誰かを自殺に追い込むおつもりか?
そして、特異な事件の報道ばかりに時間を費やし、一方で、他国にくらべても十分に多数の自殺者を生む社会をこのまま見過ごしていていいのであろうか。マスメディアのみなさま。

ニュースバリューがある一つの事件をメディアがセンセーショナルに報道し、専門家がわかったようなコメントを付ける。これは誰の意志とも関係なく自動的に起動するシステムみたいなものだ。

こんなところに書いても無駄だと解っているが、このシステムを直していかなければならないと思う人は、マスメディアの側にはいないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)