日記・コラム・つぶやき

2009.06.12

携帯を買い換える(830CA)

なんかずいぶん久しぶりの書き込みになってしまいました。
このところ、なんだか、いろんな意味で、行動力が落ちまくりなので、せめて、ブログでも更新しなきゃなとは思うんですが。

さて、それはともかく、タイトルにも書きましたが、携帯を変えました。

今まではPjというプリペイド携帯を、J-Phone時代から使い続けてきたんですが、バッテリー(一度買い換えてるが)がもうかなりダメな感じだし、もう、ソフトバンク2G回線の終了まであと1年切ってるし、ということで、とうとう携帯を買いました。

ソフトバンクの3Gのプリペイドにする手もあったのですが、今はそんなに昔ほど携帯料金が高くないので、普通の契約にしました。この際、AU携帯に切り替えるという案もあったんですけど、(ドコモという選択は全然考えなかった。笑)、

  • たまに知り合いで携帯番号でメールを送ってくる人がいる
  • 近所に済む親戚はソフトバンクユーザー
  • なんか東海地方はソフトバンク陣営が強い気がする

などの理由でソフトバンクにしました。

番号をそのまま移行したので、長年愛用してきたPj携帯(シャープ製J-SH03)の方は完全に利用終了しました。

さて、以下、私信気味ですが、そういうわけで、私の携帯の番号は昔から全く変わっておりませんので、番号をご存知の方は、今後もよろしくお願いします。

一方、携帯のメールアドレスの方は、なんか引き継ぎできるという情報もあったのですが、店で引き継げないと言われたので(本当にそうなのかわからない)、新しくなりました。昔の携帯メールアドレスに送っても、もう届きませんので、アドレスが知りたい方は、別の手段で私に聞いてください(PCのEメールとかでね)。

さて、機種の方はというと、迷いましたが、基本的には私自身がなぜかカシオ党なので(特にデジカメ)、それに従って830CAにしました。ソフトバンク初のカシオ(でもソフト的にはかなりNEC)の携帯だそうで…。

最近発売された930CA(EXILIM携帯)は、まんま見た目がデジカメなので、人前で使うにはでかいレンズが目立って、威圧感があるのでやめました。そもそも、EXILIMブランドのデジカメを二つも持ってるし(両方現役)。

そもそも、別にカシオ製でなくてもよかったのだけど、まあ、ちょうど830CAが値下げでお値打ちになっていて、デザインも非常にあっさりとしていて高印象、とりあえず、デジカメも、ワンセグもついてる、など、まあ、要するに無難なモデルだったので、これに落ち着きました。

さて、使い始めて、ほぼ満足してるのはいいんだけど、ネット使うと思った以上に金がかかる(パケ放題入ってますが)から、バリバリ使うのに抵抗がある上に、もともと、滅多に携帯に電話がかかってこないし、メールもあんまり使わない。

ワンセグもイヤホンなしで見るのは、物足りないけど、かと言って、イヤホン付けるといろいろうざい。

…ってことで、あんまり活躍してません。活躍しない方が通信費とかがあまりかからないからいいのですけどね(笑)。

とりあえず、最初ということもあり、いろいろと、ネットアクセスしてみたり、着メロとかをいくつかダウンロードしたりしたので、あっさりパケ放題の上限は越えてしまいました。来月から自重できるかどうか(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.04.26

時間を取られ、更新が滞る

久々にブログをちゃんと書いていこうと思ってたのだが、
なんか色々時間を取られる日ばかりが続き、結局、ブログの更新に気が回らないといった状況になっている。
まあ、実際問題、アニメを見る時間をなくせば、時間ができるのだが(笑)。

何かに時間を取られるというと、ソフトの更新作業などもそうですねえ。3Dを含めたCG関係や音楽制作ソフト、その他各種ツールのバージョンアップがひっきりなしで、中には要求された自動更新に素直に応じたら、うまく動かなくなるといったこともしばしば起きて、時間をさらにとられる。

そうなると、もう、パソコンを使ってるんだか、パソコンに使われてるんだか、わかりゃしないって感じになってくる。

今や、パソコンユーザーにとっての一番の脅威は、ウィルスなどより、使用ソフトの更新作業ではないかと思えてくる。

まあ、そんなつぶやきはどうでもよくて、そうですよ、そろそろ、きになる声優の記事を書かなきゃダメじゃないですか。

二週間もあれば、楽勝なんて思ってたんですが、あっという間に二週間経ってしまったよ(笑)。

って、二週間がうまく変換できない。ATOKどうなっちゃったんだこんちくしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

嘘から出た真

三橋加奈子メッセージボード2でのご本人の書き込みと同じタイトルにしました。そこを読んでくださっても事情がわかりますが、以下、嘘のような本当の話。

4/1のエイプリルフール企画として、今年は私の三橋加奈子ファンページに、加奈子さんに関する嘘だらけのページをでっちあげてトップページと差し替えて公開していました。

2年前の小仲田加奈子(こなかだかなこ)のネタの際には、ファンの方々を含め、それなりに大きめの反響がありました。(去年もちょっとだけやったんですが、準備不足でしたので、忘れてください。笑)

なにしろ、あの時は、「芸名を変えた」という主旨の嘘を書いたので、まず加奈子さん本人に加奈子さんのお父様から、一体何があったのかと連絡があったそうです。結婚を匂わすようなことをQ&Aのページに書いたこともちょっとした騒ぎになり(もちろんそれもでたらめな話だったんですが)、なにかと冷や汗でした。

くれぐれも念を押しておきますが、うちのファンページは公式じゃないんです。あくまでも単なるファンが個人的に設置している情報ページです。でも、実質は、公式ページのような役割を担ってきてるようで、下手に嘘ページを作ると、結構、反響が大きいことを思い知りったものです。

それはともかく、今回は「発明家」というネタで何か作ってみようと思ったものの、そもそも元ネタとなる「発明BOYカニパン」というアニメが古すぎて、みんなあんまり知らんだろということもありますし、コンテンツも、あまり面白いことが書けなかったなと、それなりに反省があります。いえそんなに反省しなくても別にいいような気もするのですが(笑)。

まあ、そんなこんなで、わずかにリアクションがあった程度で、4/1は静かに過ぎていったのです。

4/1以降も、その時見ることが出来なかった人のために、そのページへのリンクを残しておいたところ、FM放送局のJ-WAVEの番組担当者が、偶然検索で、私の作った嘘ページを発見したそうです。しかも、なんだかあの嘘ページを本物と誤解してしまったようで…。

ちょうど、J-WAVEで発明をテーマにした番組をやるという企画が出ていて、「アイドル発明家」みたいな人を探していたようです。

たしかに嘘ページには「アイドル発明家となる」なんてことを書きました(元ネタは、アニメ「超発明BOYカニパン」です、ここで加奈子さん演じるミルクちゃんはアイドル発明家になっています)。

それで、J-WAVEから、加奈子さん本人に問い合わせが行って、あれはエイプリルフール向けの嘘ページだったこともわかるのですが、結局、加奈子さんはその番組に出演することになりました。昨日の話でした。

要するに、単なるファンでしかない私が、加奈子さんの番組出演のきっかけを作ってしまうことになったわけで、まあ、時にはこんなことも起こるんだなあと、驚いております。

ってことで、このブログの更新が久しく滞ってましたが、アニメ「発明BOYカニパン」を見て、三橋加奈子さんのファンになって、Webにファンページを作って…現在に至る、という自分の一つの原点に立ち戻り、再び、このブログも更新していきたいものだと思った次第です。

まあ、そもそも、三橋加奈子さんを応援することになる以前から、主に、アニメや声優のことについて、色々、アホバカな駄文を書いてたりしてました。

例えば、ウェディングピーチ関係では、声優ネタを交えて、滅茶苦茶なこと書いてました。いえ、当時はインターネットでアクセスできるところに、書いてたわけじゃないので、どこにも記録がないので幸いですが(最近、当時書いたテキストを発掘してしまった。笑)、とにかく、特に、最近は、アホなことを書かなくなったなぁと、反省しております。

新明解がアホなことを書かないでいるとどうなるかというと、単なるつまらない人になってしまいます。年齢相応…ってのは当然あるかもしれないものの、アホなことを書かない私は、どうも私らしくありません。

それはつまりある種の「停滞」とも言えるでしょう。

停滞しないためにはどうしたらいいのか。

そうです!

「最優先事項よ!(c)17歳」
の気持ちで、ブログを更新しなきゃなんないだ。断じてそうすべきだ!

…などと決意を新たにしたのでした(あー、昔の俺らしさが戻ってきたぞ←おい)

そんな決意をしたというのも、嘘かもしれません(おい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.28

夏コミ報告

ってことで、報告がものすごく遅れたのですが、夏コミ、カブトボーグ同人誌はなんとか間に合いました。来てくださった方には感謝してます。

アニメ、カブトボーグで話ができる機会はめったにないので楽しかったです。なんか意識朦朧としてて、頒布価格の設定、あまり考えずにあの値段にしちゃったけど、高かったかなあと反省してます。

また印刷トラブルがひどく、本当に出発直前まで作業をするはめになってしまい、それも反省です。

今回から使用したComic Studio 3.1の印刷機能がしょぼくて使いにくい上に(両面印刷のための偶数奇数印刷ぐらいは欲しいなあ)、Deskjet 880cでのA5の手動による両面印刷が頻繁に失敗して大変な目に遭いました(紙質の問題もあり)。

睡眠不足もあってか、サークル参加当日は寝坊してしまい、友人にも迷惑かけました。

そんなわけで、色々、作業方法は変えた方がよさそうです。プリンターもそろそろ自動両面印刷ができるものなど、新しいものに買い換えたほうがいいのですが、最近のはインクのランニングコストがいまいちなのばかりで困ります。何にしようかなあ。

で、印刷機能はちょっと不満だったComic Studio 3.1ですが、それを除けばとても優れたものだと思います。まずソフトがとても安定しています。ハングアップとか皆無に近い。これが大きい。それと予想通りトーン貼りも効率が非常にいい。

また、タブレットによる線画の快適さがなんともすばらしくて、しかも線画がベクター形式で扱えて、線の太さの修正等も自在なので、動画等の作画にも使えるといいなと思うんですが、コミック作画専用ソフトという設計になってて、ちょっとそういう使い方をするには取り回しが悪いのが残念。

なお、今回は下書きからComic Studioを使いました。まあ、機能の方は覚えつつやってたので、まだわからないことなどたくさんあったままです。慣れていけばもっと効率よく同人誌とか描けるかなと期待してますが、まあ、私のへっぽこ作画は、ツールが変わっても、ほとんど変わることはありません。いつまでたっても絵が安定しません(笑)。

ちなみに、同人誌原稿のデジタル化はすでに以前から行ってまして、数年前から、PaintShopProをメインのツールとして、タブレットを使って描いてました(鉛筆で下書きしてスキャンし、ペン入れ)。

10年前は漫画用のペンとインクで描いてましたけど今はすっかりテクノ依存です。

ちなみに私自身、学生時代とかは漫画等は全くと言っていいほど描いてませんでした。道具を買い揃えて、なんとかかんとか描き始めたのは、たしか、20代終わりの頃です。そういう同人作家も時にはいるのです(昔語りをしはじめたら年寄りの始まり。笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

カブトボーグ同人誌は落ちるのか

まだ、カブトボーグ同人誌、仕上がってないよ。
やばすぎるね。やばすぎる。

ちなみに、日時、場所は
金曜日 東地区 "オ"ブロック-12a (東3ホール)
サークル名「あんあん戦隊」
です。

カブトボーグの話がしたい方は遊びに来るのはどうですかね。
俺はどっちでもいいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.20

自分に残された時間は僅かなのか?

この時期のおきまりとなっている体調不良が続いてます。
歳を追うごとに、症状が悪化しているのは、多分、加齢による体力低下だと思います。

安静にしたところで、長期的には治るわけでもなく、倒れそうになった時は、倒れる前に横になり、調子が戻れば、その日でもすっくと立ち上がり、普通に活動。
そんな日々を続けることが正しい気がしてきました。本質的には、体鍛えなきゃなんない体なんだし。

それと、体調不良の症状は年々ひどくなってきて、できないことがさらにできなくなってきている気がするので、もう今以上にさらになりふり構わず、あれもこれもと欲を出すしかないのではないかと思えてきました。
いろんな人にいっぱい迷惑かけてる気がしますが。

別件ですが、閉ざされるドアなど見てることしかできないなら、見てても仕方ないのではないかと思えてきました。
今日、ほとんど結論まで書きあげたメールを消しました。きっとこのメールはぬかに釘。書いてるうちにそう思いやめました。

そんなわけで、まあ、あれやこれやをはじめております。頼りになるのはいつもテクノロジー、意欲をかきたてるのは面白いアニメ番組、そんな日々が、ナニでアレです。

まずは、コミケが近づいているのでとっとと同人誌のネームを書きたいと思います。パソコンで描けると理想的ですが、まだそこまでの域には達していません。間に合うのかわかりません…ということはいつも書いてる気がします。体調さえ持ちこたえてくれれば、過去の経験から間に合うはずなのですが、体調がかなりダメです。

ところで、最近のアニメは面白いですね。中でも電脳コイルが面白すぎです。主役のあの頼りなさげな目がたまりません。桑島女王が神の演技です。

電脳コイルの作品自体は、私の未来に作りたいと思ってた作品(現在、手をつけているのとは別のもの)世界と、かなりネタがかぶっててショックです。まあ、でも、私が別に似たものやってもバチは当たらないでしょう。どうせそうそう作られる系統のアニメじゃありませんし。その前に私がそれを作る制作時間などないのかもしれません。

ともかく電脳コイルが面白いことには変わりありません。

カブトボーグ、安定して、すっとばしてます。同人誌に何描いていいのかさっぱりわかりません(笑)。
のだめカンタービレ、ごくたまに観た一話だけでも面白すぎです。一気観しないとと思っています。

プリキュア5、まあ、予想の範囲内かもしれないけど、やっぱキャラ多いとおもろいです。マスコミカがかわいくて俺を殺す気か、です。どうして俺のストライクゾーンのキャラがこうもたやすくアニメに出るのでしょうか。これが社会のニーズですか? そうなんですか?

ひとひら、樹元オリエ声な麦ちゃんかわいすぎます。樹元オリエ、この人はこれから伸びますよ。ええ絶対!
瀬戸の花嫁、面白すぎます。巡ちゃん可愛すぎて殺す気かです。
デルトラ、面白すぎます。ジャスミンは犯罪的な可愛さです。それに、バルダがすばらしすぎます。俺のおかげでもあるです。
パワパフZ、びっくり回が多くて油断できませんし、メガ可愛すぎです。
メジャー、清水を出せ清水を!

アニメの本数は増えてますが、おもしろさの平均はむしろ上がってる気がします。もうキャパなんかとうに越えてます。

深夜アニメを追うのは大変なので、AT-X使って追ってるアニメも増えてきました。もうなりふり構わずです。

生きている中での、自分の感じる面白さのダイナミックレンジが拡がってきている気がします。面白いものはとことん面白い。そうでないものは…。

私の我慢の限界はどこにあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.24

久々投稿(その3 PCリプレイス)

さて、4月24日の、一番上にこの記事は載りますが、今日三つ目の話。

ちょっと前に、メインで使用するPCをリプレイスした。まあ、古い方も今後も使い続けるけど。

前回は、ベアボーンを使ってたが(結局、マザーボード交換までやったけど)、今回は全部、パーツで買って組み立てた。

Intelばかり使ってる私が選択したのは、当然ながら、性能比コストが良く、PentiumDなどでは問題になった消費電力問題も大きく改善されたCore2Duo。ごく最近値下げしたばかりが、その値下げを待ってるほど暇が作れなくなりそうなので、組み立てをやれそうなタイミングを見計らって、とっととパーツを買い集め、とっとと組み立てた。ソフトの移行も数日かけてようやく大体終わったところ(移行するソフトの数が多くて参った)。

とにかく最大の目的は、冬の制作で痛感した、Poser6(Poser7もあるが、TransPoser2と互換性がなくなったのでこれはメインでは使えない)のクソ重さを少しでも軽くすることと、Carrara5Proのレンダリング速度を飛躍的に上げることなので、思い切ってE6600を選んでいる。ちなみに、いつもニコニコ定格運用。

一方、ビデオカードの方は性能は、正直3DCG作品制作では、どうでもいいので、とりあえず、DAZ製品との相性が確実に良さそうなGeForceのそこそこましなものを、ということで、7600GSを選んだ。

旧マシンはPentium4 3G(Northwood)だが、ベンチマークで3倍近く、実際のレンダリングなどでは2倍ぐらい早くなった模様。とにかくレンダリング速度には全く不満はないが、Poser6と、PoserキャラをTransPoser2で読み込んだCarrara5Proの動作は相変わらずかなり重い。これでも倍ぐらいは早くなってるはずなんだが(笑)。

とにかく、気力がさほどないし、制作活動を阻むいろんな障害が、下手すると、毎日のように立ちはだかるので(…てゆーか同人誌執筆も含め、制作活動で費やす時間が大きすぎるんだけど)、可能な限りPCのパワーなどテクノロジーを多用しその障害を軽減しようという実に情けない有様。

ええ、アニメとか観なきゃいいのだけど、アニメ視聴がもう生活そのものにになってるから無理なんだよ(笑)。せめて深夜アニメがどいつもこいつもくだらないと有難いんだけど、そうでもなくて。

そんなこんなも、全部テクノロジーでアシストしようとしている。

例えば、液晶三台並べて、一台はアニメを流し、残りでPCを使用する。さらに場合によってはPC画面の子画面としてテレビ(ニュースなど)を映す…。録画したアニメはまとめてDVDに焼き、通勤中にも観る…とか。

しかし、そろそろ、それらも行き詰ってきた。私という資源はわずか一人、しかもくたびれ気味なので、その手の多重化には限度というものが…。

一番有効な対策は、やはり観ないアニメを一つでも多く増やすこと。DVD-Rなんか焼かないこと(笑)。声優だれそれが出るから観る、脚本がだれそれだから観るということは、もうほぼできなくなりつつある(苦笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

久々投稿(その2 いやーんみたいな3DCG制作)

さて、読む順序的には、その1より上に来てしまいますが、二番目。

去年、冬コミで頒布した3DCGアニメ作品「いやーんみたいな3DCG制作」が横浜動画倶楽部LUNA(公式サイト)の大動画上映会で上映されることがほぼ決定しました。7月15日ということでまだ先の話ですが、まあ、私の作品は、別の傑作を観るついでにでもご覧ください。昔からこの上映会には時々作品を出品しておりました。

さて本作を観ればわかりますが、数年前に制作されたいやーんみたいな予告編と全く芸風が変わってないです。けしからん!…という内容なので、なんか恐縮です。むしろ退化してますな。

まあ、こんなもの作るのでもそこそこ手間かかっちゃってるので、ほんと、いつになったら、ある程度自分が納得できるもの作れるか解りませんな。

小作でもうまく作れば笑いは取れますが、そういうのが全然得意じゃないもんで困ったもんです。
ちょっと規模の大きめなものならいろいろネタは思いつくんですけどね。

下手すると、暇のないうちに、視力体力等衰えて、制作能力が無くなる恐れもあるんで、そうなる危険が出てきたら、仕事辞めてでもやった方がいい気がしてきました。ええ、これはひとりごとですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々投稿(その1 カブトボーグ同人誌発行予定)

いろいろごちゃごちゃあるうちについついblogの更新がおろそかになって、そのまんまでした。

ネタがないわけじゃないんだから、いい加減何か書きます。まずカブトボーグ同人誌関係。

まず、夏コミ当選は現状では不明ですが、いずれにしても、同人誌執筆には着手しなきゃと焦り気味です。

内容は冬コミでは全く間に合わなかった人造昆虫カブトボーグVxV関連本です。四コマ、作品感想あたりでしょう。コピー誌(というかプリンタ印刷誌)で多くて32p程度かと。但し、冬にももう一回出すと思います。

カブトボーグの作品に関しては、最近、オトナアニメに結構まとまった情報が載ってますから(必見)、私はエピソード解説のような内容はやりませんが、ブログでちっとも感想が書けてませんし、私の視点から観た作品感想は掲載する予定です(そういう作業の方がはかどるし)。基本的に声優中心かも(三橋加奈子だけでなく)。

四コマの方はてきとーにやります。アイディアはでてくるけど、毎回のごとく、コミケ向けの同人誌描くときしか漫画とか描かないから、なかなか効率が悪い(笑)。すでに涼風同人誌等、過去の同人誌で既に原稿はPaintShopProを使って、タブレットでペン入れしてましたが、今回からはComicStudioを導入したので、これで、なんとか執筆効率を上げていきたいなと思います。

さて、CS、BSデジタルのみで放送中のカブトボーグですが、ほとんどブログで語ってきませんでしたが、そもそも、主役のリュウセイ役の声優、知桐京子を声優でない頃に、Webで紹介したのは、私が初めてじゃないかと思います。実は直接お話ししたこともありますが、詳しくは同人誌に書きますよ、ええ(笑)

大和屋暁氏関係のアニメも、最近はともかく、過去は多数観てますし、その他はスタジオコメット制作ということで、私が過去にはまった発明BOYカニパンのアニメスタッフでかなり埋まってます。

そんなわけで、正直言って、アニメ涼風の時同様、またもや、私のために作られたアニメ、じゃないかと思うような作品です。もしかして、感想とか待ってる人もいるのかもしれず、ブログに何も書いてないのは本当に申し訳ない。そんなわけですから、同人誌掲載の感想については、ブログにも転載します(あんまり公に見せたくない部分はカットするかも。笑)。ですが、漫画の方はコミケ以外門外不出です。いつも通り、夏と冬コミケで20~30冊程度しか売れないまま、封印しますから、よろしくお願いします(なにをよろしくだか)。

夏コミ落ちたら、委託コーナーでの頒布とか検討しますが、間に合うかなあ(笑)。

ともかく、同人誌発行に期待してる人はトラックバック、コメント等、どうぞ。少しはやる気が増すでしょう。あんま暇もないので(アニメ観なきゃいいんだけど。笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

その件について

リンクとか具体的なキーワードとかトラックバックとかなきゃ、何か書いたって内輪しか読まないもんですよ。

そんなわけで内輪向けに、例の件に関する心境とかを。

そりゃ異性だ。全く何も心が動かないってことはないけど、応援する気持ちは、何ら変わらず。彼女が参画する仮想の世界に、いかに自分の心が救われてきたかを思えばね。

そんなことより、私をとりまく現実世界がそれどころじゃない。あれもこれもどれも。

ひとつひとつは小さいのかもしれないけど、まあ、積み重ねれば重くなるわけで……。

それにしても、よくもまあ、これほどいろいろ積み重なるものだ。

何かを守り築くために遮二無二進む人達に、翻弄される日々。時に病みに倒れつつ。
正直、いい加減にしてくれと。まあ、幸い、今までなんとか持ちこたえてるのだけど……。

だけど、今は将来の全く見えない家が、それが守るべきものとして私に遺されるなら……。

私だって、床でのたうち回るだけの日々を止め、鉈を、斧を振り回す時も来るかもしれないよ。
そういう意味があの言葉にはこっそり潜んでるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧