2007年12月20日 (木)

実は初音ミクで曲作りをしていた

なんか、しばらく、ブログを更新してなくて、もし読者がいたのなら申し訳ありません。
3DCGアニメも同人誌もさぼって、また他のことしてました。
気まぐれな人間で困ったもんですよね。あれもこれもやりたいという性格が治りません。

てなわけで、実は初音ミクで作曲してました。それを、ニコニコ動画に掲載してます。
ちょうど、初音ミク関連でニコニコ動画ではゴタゴタが起きてますが、その件はもう一つのブログ、ままなってる日々、の方にでも書きたいと思います。

そもそも、初音ミクはもう購入タイミングを逃したかなと思ってたんで、鏡音リンを購入して、来年から、こつこつ曲を作っていこうと考えてたんですが、作りたいという気分が強いうちにやった方がいいかなと思って、年内に始めちゃいました。
タイトルを試作版としていますが、その件について以下に補足。

実は、この曲、最初はDominoというフリーウェアの音楽ソフトを使って(このソフトはとても扱いやすいです)、試行錯誤で作ってたんですが、最初にできた主旋律自体は、実は私自身、さほど気に入ったものにはならなかったんです。
でも、まあ、あきらめず伴奏もつけてみるかと思い、曲にしてみたら、わりと歌詞が付けやすそうなものに仕上がった。そこで、適当に歌詞をでっちあげて、初音ミクに歌わせてみたという流れです。

Dominoでほぼ曲を仕上げ、それをCubase LEに持って行き、調整してます。楽曲音はProteus X(VSTiソフトシンセ)を使い、そこに初音ミクのVocaloid Editerで作ったサウンドデータを流し込んで、エフェクトを軽く入れて完成。

映像の方は、私にしては非常に珍しく手描き系アニメです。もともとこういうアニメの類は、まともに作り上げた経験がないんですが、DAZ Studio(無償ソフト)を使って、3DCGキャラの走るアニメーションを作り、分割画像ファイルにして、それを下敷きにして作画しています。使ってるソフトはToonBoomStudio4。

DAZ Studioは、動作が軽く、Poserキャラクターのポーズ付けをするのは快適ですけど、複雑なアニメーションを作るのはちょっとしんどい気がします。

ToonBoomStudioはFlash系アニメーション作画ソフトです。Flash形式で出力するのがメインなのですが、コーデック種別などに制約はあるもののAVI形式でのセーブもできます。
なお、ToonBoomStudioは、線画データをベクター形式で扱うので、作画中に適当に補正がかかるという独特のクセがあります。どんな画風にするとか、ほとんど考えずに初音ミクもどきを描いたら、あんな感じになりました。まあ、私の同人誌等ではおなじみの、いかにもへっぽこな画風かと(笑)。

ToonBoomStudioは、現在は日本語版が作られていないこともあり、日本では非常にマイナーなソフトですが、GUIを含め、非常によくできたソフトだと思っています(他のソフトを持ってないので比較できないのですが。笑)。

今回のように、3DCGソフトなどで人物の動きの動画を用意し、それを下敷きに作画すれば、自分で考えていたよりは、てっとり早く2Dアニメーションが描けることに気づき、ちょっと驚いています。

元々、私自身、3DCGアニメツールを使い始めた頃は、2Dアニメの方もなんとかやれないか(Amigaで)模索してたんですけど、当時はWACOMタブレットもまだなく、どうもうまくいかないまま、一方で、3DCGの方にどっぷりはまったまま、10年以上の歳月が経ちました。

で、気がついたら、2Dアニメの方のハードルも当時よりはるかに低くなっていました。さて、これだったら、2Dアニメでの作品制作というアプローチもあるなと思えてきました。またまた枝を増やしてしまったなとちょっと悩み気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

衣装はこんな感じ

そんなわけでDoGAの上映会が終わってもおかまいなく、新版ユリカ(DAZ Aikoベース)の調整作業は続く。
今日は衣装を調整。DAZのものがベースだが、他の素材も使ったりして、いろいろアレンジして使用。
めんどーなので下の画像はPoser6のレンダリングのままのもの。

Newyurikat0520


とりあえず、モーションキャプチャーデータを使って、走らせてもみる。
「Yurika0520run.mpg」をダウンロード(797KB mpeg)

あいかわらず首のデータがうまく読み込まれなくて加工したが、そもそも元の首の動き自体があんまりよくないので、てきとーにやり直し。E6600に変えてから、Poser6のレスポンスが格段に良くなったので、効率が良くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

新プロジェクト始動

去年の冬コミ向けに作った「いやーんみたいな3DCG制作」は、結局、DoGAの19回CGアニメコンテストに応募していたのだが、結果、外伝DVDに収録された。(冬コミ版とほとんど変わらないが少しモーションを修正してある)

そのDoGAコンテストの各作品の感想も書かなきゃならんが、先に片付けるべきものが片付いてから、次の作業に取りかかるというようやり方じゃダメな気がする。いろいろ障害だらけだが、もうなりふり構ってる場合じゃない。

てなわけで、ずっと制作が頓挫していた作品(コードネーム「いやーん」)について、Imagineを使って制作するという方式を全く見直し、「いやーんみたいな3DCG制作」と同じ手法を使うことに決め、新しく用意したCore2Duo PC環境にて、ようやく作業再開。

問題は未だPoser6の使い方がよくわかんないことだ。いろいろ改良されたPoser7も持ってるけど、前にも書いたが、これはCarrara5との連携ができない。

前作では全然素材を作らなかったが、今回はいくらなんでも流用だけでは済まない。そんなわけで、Poser6をいろいろゴソゴソいじってるけど、あはは、こいつ、変な操作とかするとすぐに動作がおかしくなって参る(苦笑)。

それから、モデリングはImagine、そして、Cararaをベースに行っていたが、それも限界。Hexagon2.1に手を出すが、これがボロボロ(笑)。いやはや、どれも魅力的な機能を持ってるが、品質が悪いや。それが一番の苦労かもししれない。

てなわけで、この作品は、いやーんみたいな予告編に登場したユリカとまりんが登場するのだが、このデザインを全く刷新。基本的にはDAZ Aiko3フィギュアをベースに作り上げていく予定。Imagineで制作されたユリカからは、髪型は流用するが、その他はほとんど流用しない。今、ユリカはこんな感じ。Poser6によるレンダリング画像。
眼鏡がまだ間に合ってません。

Newyurikat0513a

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月12日 (金)

冬コミ頒布アニメ(部分)

冬コミの3DCGアニメDVDは、なんとか強引に間に合わせた感じになってしまった。まぁ、でも出せて良かったとは思う。

とにかく時間はないわ、Poser6はアニメーションを作るのには、操作性が悪すぎるので(機能が一通り揃ってることだけでもマシといえばマシなのだが)、モーションとか色々雑な部分だらけになった。

ただ、そういう雑なところを直しても作品の本質がどうこうなるかというと、全然そういうことはないと思う。

ってことで作品の中から一部分を公開。声が出るので注意。

Web_bakamono

「Web_bakamon.mpg」をダウンロード (mpegファイル 1,158Kバイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

冬コミ準備続く

とりあえず、ミニストーリー物を検討中。期限までにできるかどうか。

で、背景にしようと思ってる建築物が、サイトのトラブルで入手できないようなので、とりあえず、キャラだけを構成してみる。Aiko3をベースに、テクスチャーとかをアレンジ、それに以前に紹介した妙なコスチュームAnayumi Dreamを着せる。

それと主人公の少年はHiro3にHirotoを適用して、オーソドックスな服を着せた。

あと、数キャラを加えて、物語(?)を作っていく予定。アニメーションなんかできるのかいな。とりあえずキャラを登場させてレンダリングしてみた。

少年キャラが俺らしくないや(笑)。

Fuyukomi_test00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

踊るうさぎ娘

コミケ用映像、ちょっと計画性がいまいちのまま、作業を進める。

とりあえず、あまりうまくいかないまま放置してた作業に着手。DAZのバニーガールキットを使用。モーションデータとして、LifeFormsStudio付属のモーションキャプチャーデータを流用したが、首の部分がうまくいかず随分修正。

ベースフィギュアには、最初はふつーにAiko素体を使っていたのだけど、Aiko19という新しいモーフを入手したのでそれを適用。普通のAiko3用の服はAiko19に対応してないのだけど、こういうのは、ちょっと修正すれば、まあ、そこそこ問題なく着用できる。

Aiko19はちょっとスタイルとか良いデータ。ただ、このモーフは乳首を引っ込める機能がないようなので、めんどくさいから乳首はそのまま露出。18禁モノじゃないけど、ま、このくらいはいいか。とりあえず、ここを読んでる人は少ないだろうから、あまり何も考えず動画をアップロード。Poser6でモーションを整えて、地面、背景とレンダリングはCarrara5Pro。Pentium4だとちょっとしんどいな。

Bunnypose00


「BunnyPoseA19web.mpg」をダウンロード (889K bytes)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

コミケ向け準備中

Wip01cust

コミケ向けに、キャラクターをAiko3をベースにカスタマイズ中。目や肌色を自分で作り、Aiko3のデフォールトのものと入れ替え。形状もいろいろ調整。

いまひとつ思い通りにはいかないなあ。まあ、これでもいいとは思うのだけど

服はDAZで購入したものをそのまま使用。最近発売されている服はセンスがいいものが多いけど、値段もそれなりに高い(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

Mimic使用の作例その2

いつまでも男キャラの喋りアニメを公開していても仕方がないので、テクノロジーの力を借りてみた。

MorphVOXというボイスチェンジャー。これで男声を女声に変換して使用。まだ調整不足な気がするが、とりあえず作ってみた。

DAZ Aiko3の顔の形を少し変形し使用。セーラー服も髪(Aiko Hairs)もDAZから購入したもの。この髪、とてもいいんだけど、なんかCarrara5+TransPoser2でレンダーすると額の部分にマッピングが入って、気になるなあ。仕様なのか、何か問題あるのかちょっとわからず。それとテカりすぎ。

Bebetsuni

「bebetsuni.mpg」をダウンロード (約1.7M)

なんか、いろいろと、人としての一線を越えてしまった気もするが、忘れることにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

Mimic3を使った作例

DAZの公式サイトでMimicの特価販売が行われていたので入手した(今もプラチナクラブに入会することで安価に購入できる)。

まずLiteバージョンが特価販売されていたので、それを試したところ、かなり有用なツールであると思ったので、Pro版へのUpgrade版を入手した。

このソフトは何をするソフトかというと、音声ファイルを使い、それと連動した口パクのモーションデータ(首の動きも含む)を自動的に生成するソフトである。主にDAZ社製フィギュアをターゲットにしたソフトだが、根性さえあれば自作も可能だろう。

実はAiko3と某声優の音声ファイルから、口パクムービーを作ってみて、それがかなりいい出来だったのだが、当然ながら公開できない(笑)。

仕方ないので自分の声を使って、ムービーファイルを作ってみた。使ったフィギュアは男の子なので、一応安心して欲しい(笑)。

「mimic_is_useful.mpg」をダウンロード(2.3MBぐらい)

この作例では眉が動いてないが、カスタマイズの仕方にミスがあるフィギュアを使ってしまったためのようだ。本来は自動的に眉も動く。

手順は以下の通りである

  1. まず自分の声をマイクから録音する(いいマイクとオーディオ環境がなく、あまりうまく録音できなかった。それと喋りも下手。笑)。
  2. そのデータを、DAZの男の子フィギュア「Hiro3」をMimicに読み込み、口パクモーションを作る。この時、表情変化も若干追加する。
    これらのデータをPoserのpz2形式として書き出す。
    PoserにHiro3(若干改変版)を読み込み、さらに書き出したpz2形式のモーションをインポートする。それをPoser用pz3データとしてセーブ。
  3. Carrara5Proを使い、TransPoser2で、pz3ファイルを読み込み、レンダリング(そちらの方がレンダリングが高速だし、私にはCarrara5Proの方がPoserより扱いやすいため)

DAZフィギュアは非常にデータとして重いので、レンダリングがかかりすぎるのが玉にキズだが、とにかく口パクをあっという間に作ってしまうMimic3のパワーには正直呆れた。
こんなソフトが$100もかけず入手できる。時代はそんなところまで来てしまった。

ただ、自分でMimic対応フィギュアを制作するとなると異常に手間がかかる。それが大きな課題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

DAZ、秋の大売出し

またもやDAZネタです。

雲や山などの風景を作成するソフトBryce5.0をFree Downloadにしたり(9/6までなので、まだ間に合います)、Bryce5.5(現行バージョン)をArtzoneに入会してプロフィール埋めると100ドル引き販売(19.95ドル)するなど、DAZのサイトは、毎週のように強烈なネタを投入しまくるので、ウォッチせずにはいられません(注: リンクにはアフィリエイトが仕込んでありますが、DAZに入会したり、買い物しなければ大丈夫です。笑)。

おかげで、このところすっかりDAZ中毒患者の新明解です(笑)。なんとかしてください。

そのDAZが、Bryceネタが終わらないうちから、次のネタ投入です。秋のマッドネスセールを始めたんですが、90%割引商品を日替わり投入するとか、相変わらず滅茶苦茶なこと言ってます。ちなみに、DAZの期限限定割引商品やFree商品は、期限過ぎると、平気で通常価格で販売しやがります。こいつら、商品がデジタルで種類が豊富なのをいいことに、無茶し放題です。

さて、本日の特価(9割引)商品は、新発売のAnayumi's Dream

以前発売されたMitsu Hairの時にも思いましたが、その微妙にジャポネっぽいネーミングセンスはいかがなものかと…いえ、ぜひこのセンスで続けてください(笑)。

しかも、デザインも、ご覧の通り、DAZならではの、帯とか裾の長さとか、ゲタのような別の何かとか、服の模様とか、異様なほどに、微妙なジャポニズムです。この姿では、コスプレ娘にまぎれて明治村を歩くことも、難しそうです(そもそも、パンツ見えてるから、係員に怒られるので無理ですが。笑)。

そして、普通、こういう変り種デザインなら、ポリゴンとか色々手抜きにするもんですが、恐らく細かいところまで、DAZは手は抜いてません。説明を見ると、いろんなポーズにあわせた多種多様なモーフターゲットが埋め込まれていることがわかります。

しかし、こんなのは一般作品とかには到底使えそうにありません。アニメなどの変身少女モノを始めとした作風として使うのも無理です。格闘美神 武龍の毛蘭だってこんなコスチュームでは戦ってくれないと思います。

でも、まいっちんぐです。すっかりこのコスチュームの毒気にあてられました。そのうちこれを着用したAikoちゃんが、ここのページでアニメーションとして公開されるのは目に見えてます(おいおい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)